All archives    Admin

02月≪ 2017年03月 ≫03月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016'06.05 (Sun)

接着芯の余りをテープに

先日の続きです。

平織りの接着テープは白の15mmが一巻きあれば、割といろいろな場面で使えます。
伸び止めとして、補強として洋裁だとポケットなどに、また小物でも伸ばしたくないところ、しっかりさせたいところによく使います。

これさえあれば何でもよいというわけではなく、平織り布をハーフバイアスにカットしてあるテープなどもジャケットなどに使います。
これは自分でカットするのはたいへんなので、やはり巻きのテープを買うのがいいです。

平織りを離れると、ニット地、あるいは編地と織り地の複合の接着芯をテープにしたものもあり、これはソフトなので、薄地のものや平織だと「あたり」(貼ったとき表から見てここに貼ってあるよ~ってわかっちゃうこと)の出るものなどはそういうのがいいと思います。

ただ、目的に合わせては長く使うことも多いので、用途に合わせて細く切って使うなんてことはしないですから、必要な時に応じた幅、色のを買います。

あとは、余った接着芯を上手に切って取っておくこともあります。
切るときはやっぱり、ロータリーカッターとカッターボードで、正確に切っておくとあとですぐに使えます。(すべらないカッティング定規の記事はこちら
切ったら、使い終わった糸巻きに巻いています。
接着テープ

こういうもったいないと思った時の工夫は出版物では紹介できないことが多いです。
今まで何度も、もっとこっちのやりかた、あるいは別の会社の商品のほうがいいのに、と思っても紹介できないことがありました。
本に広告が入るということは、そこの会社の商品を売るためですから、しょうがないのです。

残ったものを上手に使うとか、作ってしまうとか、なんとか買わなくてすむ方法を紹介できるのはブログのいいところかと思います。
そして、作れなくてもこんなのがありますよとスポンサーに関係なく、よいと思ったものだけ同時に紹介できるのもよいと思います。

こちら、たぶん、自分で監修してなかったとしてもきっといい本だと紹介していると思います。

来週火曜日発売予定でしたが、楽天ブックスではすでに販売が開始されたようです。
「在庫あり」になってます。
ということは、明日にも店頭にも並ぶかも?
本屋さんにお立ち寄りの際は探してみてくださいませ。

いろんなところ、頑張って直して正しく、見やすくしているつもりです。
どうぞよろしくお願いします。

↑アマゾン 

紀伊国屋書店→パリのアトリエで綴るクロスステッチ - 260点のモチーフで楽しむ季節の移ろい

楽天ブックス→パリのアトリエで綴るクロスステッチ [ ヴェロニク・アンジャンジェ ]

120ページ
グラフィック社 2016年6月7日:発売予定
ヴェロニク・アンジャンジェ :著
日本語


【More・・・】












そして、糸巻きに巻いた接着芯はこちらの余りを切りました。
もともと幅が細いからあまりも出にくいですけどね。
ソフトでいろいろに使えて便利ですよ。

関連記事

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  Sewing ソーイング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/2868-b5d4b09e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters