All archives    Admin

02月≪ 2017年03月 ≫03月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016'06.06 (Mon)

「パリのアトリエで綴るクロスステッチ」発売になりました&おまけページのこと

6月6日は「梅の日」だとか。
今年は、七折小梅(↓参照)を1kg、南高梅を2kg、漬けました。

ラッキョウは鳥取産を1kg。
これは、家族で切ったりむいたりするのが恒例。

さて・・・
パリのアトリエで綴るクロスステッチ 260点のモチーフで楽しむ季節の移ろい
6月7日発売予定とのことでしたが、すでに発売になっているかもしれません。
どうぞ、よろしくお願いします。

今日は、おまけページについてお話ししたいと思います。

↑アマゾン 

紀伊国屋書店→パリのアトリエで綴るクロスステッチ - 260点のモチーフで楽しむ季節の移ろい

楽天ブックス→パリのアトリエで綴るクロスステッチ [ ヴェロニク・アンジャンジェ ]

120ページ
グラフィック社 2016年6月7日:発売予定
ヴェロニク・アンジャンジェ :著
日本語

おまけのページの8作品はこちらの本からの抜粋です。

【More・・・】


この本全部確認していますが、ほかにもたくさんデザインが載っているので、1冊買われてもよいとおもいますよ。

今回もまた好みのデザインを推薦させていただいてます。
なかなかすてきなデザインが多いので、1冊の中から10点ほどといわれるとむずかしいですよね。

この日本語版のシリーズは、基本的に120ページになるように構成するそうです。
というわけで、チャートが2ページにわたる大きな図案を載せれば、点数が減り、1ページずつだったら、掲載の点数は増えます。

わたくし個人としてはチャートだけでもたくさんあったほうがいいと思うのですが、どうも読者の方々は実際に刺したものの出来上がりの写真が付いてるほうがお好みのようです。
というわけで、ヴェロニクさんの本でもチャートだけで実物が載ってないすてきなデザインもたくさん存在するのですが、日本語版のために実際に作品を作るということはしません。

ですから、今回は実物の写真も載っているこの本から、ということになりました。
表紙からして素敵ですよね。

ちなみにデザイナーさんは一緒でもフランスで出版されてる会社は別です。
ということは、色チャートの表示の仕方や文字の雰囲気など違うわけです。
この違いをうまく1冊の日本語版にまとめ上げていくのが編集者さんのお仕事。

見事、ヴェロニクさんのデザインのすばらしさが1冊の日本語の本になって発売です。

気分の重くなりがちなこの時期、本屋さんでこの素敵な本を探してみてください。


ところで、七折小梅は初めてなのですが、すごく香りがよくて、びっくりしました。
今までにないフルーティーな香りで、来年は4kgくらいつけてもいいかなと思いました。





関連記事

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/2870-42e4fc02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters