All archives    Admin

04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016'06.12 (Sun)

ミセスのスタイルブック 2016年盛夏号

ミセスのスタイルブック 2016年 盛夏号(7月号)

紀伊国屋書店→ミセスのスタイルブック (2016年7月号)

楽天ブックス→ミセスのスタイルブック 2016年 07月号 [雑誌]
226ページ
文化出版局 2016年6月11日:発行
日本語

今回の号は20アイテムも作れる実物大パターンがついているのが売りのようです。
20~30年、勉強のためにずっと買っていますけど、過去にこんなについていたことはないように思います。

時代に合ったものというと、そういうことになるかもしれません。

でも、この20アイテムも製図はちゃんと載っていたのでよかったです。
自分にぴったりのを作る時には、あったほうがいいですからね。

サイズは7号から17号まで載っていて、それで20アイテムとなると、実物大パターンは2枚くらいついているのかな?と思ったら、1枚でした。
パターンを探すのが大変かもしれませんが、作り方説明ページにこの辺に載ってるよ~って図もちゃんとついているので大丈夫でしょう。

赤やピンクやオレンジ色のフリクションペンなどを使って、先に探して線を写しやすくしておくといいと思います。
ただ、線の上に色を載せると、線が太くなって正確さに欠けますから、その辺は気を付けたほうがいいです。

前回の号はゆとりが多く、ゆったりシルエットが多くて、着やすいけど下手すると太って見えそうだったり、ウェストやヒップを隠すのが目的のような服が多いように思えて、私が作りたいと思って付箋紙を貼るページはあまりありませんでした。
今回は、ゆったりのものは相変わらず多いですが、だぼっという感じではないゆとりの具合や、すっきりしたものも多くて、作ってみたいものがいろいろありました。

せっかく時間と手間をかけて作るのに、あきを作らなくて済むという理由で選んだり、体形かくしのための服、家の中でしか着ないから簡単でいいというのでは、ちょっともったいない気もします。
縫うなら、自分がよく見えるような、お出かけしたくなるようなデザインのものに時間をかけたいです。

縫い方の基本などのページが少なくなった分、服の点数は増えているようなので、作りたいものも見つかるのではないでしょうか。


6月7日発売のこちらの本、そろそろご覧になった方もいらっしゃると思います。
よろしくお願いします。

↑アマゾン 

紀伊国屋書店→パリのアトリエで綴るクロスステッチ - 260点のモチーフで楽しむ季節の移ろい

楽天ブックス→パリのアトリエで綴るクロスステッチ [ ヴェロニク・アンジャンジェ ]

パリのアトリエで綴るクロスステッチ 260点のモチーフで楽しむ季節の移ろい
120ページ
グラフィック社 2016年6月7日:発売
ヴェロニク・アンジャンジェ :著
日本語


関連記事

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  ミセスのスタイルブック  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/2874-4d54a266
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters