All archives    Admin

04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016'06.30 (Thu)

カーブ目打は洋裁より刺しゅうに使ってます

新しい道具が出ると試してみたくなるので、クロバーさんから、 Nカーブ目打 というのが出たときはすぐに買いました。
ボールポイント目打ちより後だったような気がするから、3,4年前でしょうか。

で、ずっと、洋裁のほうで使おう、使おう、と、いろいろ試したんだけど、30年使ってきたまっすくでとがった目打ちや、まっすくで先の丸い目打ちのほうが慣れていて、なかなか出番がありませんでした。

でも、クロスステッチをほどくときなど、カーブの曲がり具合や、先の丸さの具合、先端辺りの太さがちょうどよく、もっぱら、刺しゅうをほどくときや、刺しゅうする時の指先の代わりに使うようになりました。

だから、最初はお裁縫箱に入ってたのが、いまではすっかり、刺しゅうのセットの仲間になってます。


とがっている目打ちだと、刺しゅう糸を割ってしまうことがあります。
目打ちの先が曲がっていないとひっかけるのに手首を動かさないといけません。

ですから、曲がっていて先がとがっていないのは、まことに都合がよいわけです。

また、カーブにステムステッチなどをするときに、ちょっと先に刺した針目が邪魔だなって思うときも、カーブ目打ちでちょいとどかしてあげると楽な時もあります。
このときは、曲がっていて、先が丸いのがちょうどよいように思うのです。


ステッチイデーでは毎回、刺繍した作品を仕立てるのにクロバーのこんな製品が便利ですよって提案させていただきますが、ステッチする段階においてはこれもとっても役に立つと思います。

針や、糸通しや枠、転写紙などはクロバーさんの刺しゅう用品の広告にも載りますが、カーブ目打ちは洋裁用だからなのか、刺しゅうの道具といっしょには紹介されません。
けど、私はよいと思うんですよ。

というわけで、このカーブ目打ちのカテゴリは洋裁の道具でなく、刺しゅうの道具に入れました。



【More・・・】



こちらはお裁縫箱のほうに入ってます。




関連記事

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  ToolsⅡししゅうの道具  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

こんにちは。
いつも手芸道具や手法のコツなど参考にさせていただいています。

ご紹介くださっているカーブ目打ちですが、刺繍道具として重宝しそうなので購入したいと考えています。
以前に、刺しゅう糸をほどくのにボールポイント目打ちが良いとの記事もありましたよね。
一本持つとすれば、どちらがお薦めでしょうか?
ヴィオラママ | 2016年07月12日(火) URL | コメント編集

ヴィオラママ さん♪

その時々で、必要に応じてなにがいいかは変わってくるので難しいですね。
ボールポイント目打ちは頭が丸く、つまり、ちょっと大きいので、クロスステッチにはいいのですが、フリーステッチにはカーブ目打ちのほうが良いように思いました。
クロスステッチでも目が細かいものだとボールポイントではちょっと先が大きすぎるように思います。
「小は大を兼ねて」くれまして、カーブ目打ちはクロスステッチをほどくのにもいいです。
ロックミシンをお持ちなら、ボールポイント目打ちのほうが、ほどくとき、使いいいかもしれません。
トラプントやブティをされないのであれば、カーブ目打ちが良いように思うのですが、いかがでしょう。
なめらか目打ちでもカーブ目打ちと同じような丸い先だと思うのですが、カーブしている分、ほどくことに関しては楽なように思えます。
もったいないかあさん | 2016年07月12日(火) URL | コメント編集

ありがとうございます!

ご丁寧なお返事を有難うございました!
迷わずカーブ目打ちを購入することにします。

これからもブログを楽しみに拝見致します!!
ヴィオラママ | 2016年07月13日(水) URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/2881-c3462efb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters