All archives    Admin

04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016'08.10 (Wed)

ガロンレース・ガロンテープ

普段に着る着物関係の本を読むようになるまで、着物につけるガロンテープというのは知りませんでした。
ガロンレースともいうみたいです。

刺しゅうをされてる方なら、ヨーロッパの食器棚などに片側がまっすぐで、片側がカットワークなどでスカラップになってる刺繍されてる飾り布をご存知かと思いますが、ああいうのが、ガロンと呼ばれることがあります。
GALONS, RUBANS & LINGE ANCIEN()のgalon、つまり、服やなどの縁取りですね。
クロスステッチの本でも山道テープなどが入ってる袋にGALONSとステッチされていました。
もしかしたら、それで着物でもガロンテープと呼ぶのでしょうか。

着物を着る機会は少ないので、1枚の着物を擦り切れるほど着るとは思えないけど、ガロンテープは買えるかなと検索してみました。
着物の需要を考えると、さすがにあちこちで売ってるようなものではなさそうでしたけど、せっかく見つけたので、2つだけ試しに買いました。
ほんとは、試しになどと言わず、着物の色に合わせて買わないといけませんね。
今回は研究材料ってことで。




昨日洗った単衣の着物の裾にはガロンテープが丁寧に縫い付けてありました。
布がすり減ってから付けたのか、すり減る前に付けたのかわかりません。
裾だけでなく、袖口にも付いていました。

このテープ、一見、普通のリボンのようにも見えますから、それなら手芸屋さんで売ってるリボンでもよさそうなものですが、リボンで多い素材はポリエステルなど。
一方、ガロンテープはキュプラとレーヨンが50%ずつということです。
水には弱かったりするけど、静電気が起きなくてよいのだと思います。

ガロンテープを調べたときには、テープの素材について書かれてるところはなく、手に入りやすいテープでもと書かれている方もいらっしゃいましたけど、素材の特徴を考えると、やっぱりガロンテープが良いと思いました。

キュプラだけでもレーヨンだけでもない半々のところが、両方のよい性質を持ったテープとなり、着物に合うのかなあとおもいます。

濡れているときに無理に引っ張って伸ばすのはレーヨンが水に弱いため、やめておいたほうがいいようです。
洗ってみたところ、縮みましたが、アイロンをかけたら元の長さになりました。

もしかして、木綿の着物を愛用される方でしたら、水洗いのことなどを考えると、綿レースなどを使ってもよいのかもしれませんね。
関連記事

テーマ : きもの キモノ 着物 - ジャンル : 趣味・実用

 |  kimono 針仕事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/2910-c99d7a5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters