All archives    Admin

02月≪ 2017年03月 ≫03月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016'10.19 (Wed)

自分で黒留袖を着ました④持ち物(3)ヘアセット用

別のバッグにはヘアセットの色々を。

①ヘアピン類 Uピンやねじピン(「スクリューピン」「スピンピン」「コイルピン」など)

ねじピンを100円ショップでも見かけたので、買って比べてみました。
100円ショップのは軟らかいというか、細いというか、つまめば動く感じで、端はペンチで切っただけみたいなところに塗装しているといったかんじでした。
とがっていたり、引っかかりがあって、頭皮にケガをしてもいやなので、自分でやすりで磨いて、油性ペンで黒く塗って、透明マニキュアでコーティングしました。
塗装も均一でなくざらざら。

不思議なヘアピン ヘアスクルー(HAIR SCROO)という商品は、台湾製で輸入発売元は日本。
針金部分はしっかりしていて塗装も端もきれいでした。


②ホットカーラー 特太4~6個
 和の髪には特大がよいようにおもいます。
 髪をいじるのは得意ではないので、これがあればなんとか自分でできるし、なければボリュームがなくちょっと貧相


③ハードタイプのムース
④固めるヘアスプレー 無香料 においのあるのは苦手なので


⑤髪飾り
⑥つけ毛 いろいろ試した結果、いかにもという感じもなく、結婚式はこのくらいのがいいみたいでした↓



お葬式のようなときは、こぢんまりとまとめますが、結婚式の場合は盛らねばなりません。
兄やいとこの結婚式に黒留袖を着たときは着付けも髪も美容院に頼んだのですが、これでもかってくらい盛られた写真が残っていています。
あれ、苦手です。

それに、Uピンを折り曲げてどんどんさされて、スプレーでガッチガチに固めるものだから、あとでとるのが大変で痛くて2回とも、ボロボロと涙を流しながら取った記憶があるのです。

早めに行ってやってもらうことや、そのあとの着付けとかを考えても、自分でやっちゃう方が時間的にむだがないし、見劣りはしてもひとまず泣くほど痛くはないですし。


関連記事

テーマ : きもの キモノ 着物 - ジャンル : 趣味・実用

 |  kimono 着付け  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/2928-06582cc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters