All archives    Admin

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016'09.11 (Sun)

着物の生地で二口(ふたくち)がま口バッグ

昨日はめずらしく長崎の剣先いかが手に入ったので、3杯を「お刺身」「塩焼き」「煮つけ」にしました。
煮ても硬くならず、味のほうも非常によろしかったです。

今日はピーマンがたくさんとれて、また、なのですが、オーブンで肉詰めにしました。
でも、ピーマンがたくさんとれるのも。そろそろ終わりでしょうか。

借りている畑でとれたなすも、秋ナスらしく味が濃く、おいしかったです。
秋を感じますね。

秋といえば、重陽の節句を過ぎ、着物も薄物は着ずに単衣を着る時季になりました。
とはいえ、9月の気温はまだまだ真夏並み。
着てはいけないというのも酷なことだったりするわけですが、季節を先取りするのが粋、というのを優先すると暑さを我慢するしかないですね。

となると、見た目は秋、素材は夏というのがベストなのでしょうか。
暑さで倒れない程度に、野暮でないコーディネイトを考えるのも楽しみのひとつです。

そんなわけで、なんとなく秋が似合いそうな着物地でがま口を作りました。
二口がま口の着物ポシェット注:フックが裏なのでこちらは背面です。

しばらく話題に上ってませんが、こちら↓の本()でも作品を掲載してもらって、作り方指導をしているように、がま口は結構好きなのです。




【More・・・】



紀伊國屋書店→がま口がいっぱい

楽天ブックス→がま口がいっぱい

この生地は洗い張りしたものを買ったので、かけ衿の布だけがちょっと色あせていて、ほかはきれいで、まだほかにもいろいろ作れそうです。
しっかりした絹なので、長襦袢の生地のような替え袖には向きませんけど、長着が落ち着いてる色柄で、袂からこんな柄がちらっと見えたら、ちょっと楽しいですね。

着物を着るときのために作りましたが、洋服にもちょっとスパイスが効いた小物って感じで使えるかもしれません。


小物を作る時に使う接着芯もいろいろあります。
いつもと違う真っ白じゃない接着芯を使ってみました。
わりと接着力が強く、しっかりしてくれてよかったです。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

接着芯 中厚手 100cm×200cm《接着芯 接着 芯 アイロン接着芯》
価格:356円(税込、送料別) (2016/9/10時点)




二口がま口の口金のがま口は、袋の形は違いますが、ステッチイデーVOL.18()でもレッスンページで作り方指導をしています。
もう、すぐVOL.24が出るので、3年前ということですね。

今回使ったのはこれ。



ちょっと形は違いますが、こちらのキットだと型紙もついていますよ。



これを作ろうと思ったのは、「着物と遊ぶ」という本に、着物ポシェットというのが載っていたからです。
とても便利そうでした。
作り方は載ってません。著者のお店?で販売されてる(当時)そうです。

楽しい着物ライフにとても参考になる本だと思います。
イラストもわかりやすいし。
紹介は、いずれ、また。

著者も「名和好子のきもの遊び」(記事はこちら)を参考にすることがあったそうです。
やっぱり名著だったのですね。



ステッチイデーVOL.24は、表紙の画像はまだのようですが、予約が始まっています。

↑アマゾン

紀伊国屋書店→ステッチイデー vol.24

楽天ブックス→ステッチイデーVOL.24


今回の特別付録は270周年を迎えるDMCの25番糸色見本帳と図案付録2種類つきだそうです。
関連記事

テーマ : こんなの作りました♪ - ジャンル : 趣味・実用

 |  handmade 布を使って作る小物  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/2936-53bee087
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters