All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016'09.16 (Fri)

キルト&ステッチショーとパーティーと

昨日、キルト&ステッチショー()に行ってきました。
朝は雨模様だったようですが、やんでよかったです。

東京ビッグサイトは国際展示場駅、または国際展示場正門駅から。
駅からはサラリーマンが続々、向こうからはたくさんのご婦人方が駅に向かって歩いておられました。

入ってすぐにはヴォーグ社さんの会場限定のカタログが置かれており、これに私の作品が表紙として使われていましたので、うれしかったです。
このカタログ、いろいろ楽しいものが載ってます。
ぜひお持ち帰りくださいね。

たくさんのキルトと刺しゅうの作品が展示されていて、じっくり見ることができました。
3日間の展示ですから、博物館や美術館と違って長期ではないので、明るく展示されてますね。
よく見えます。

ビスコーニュ100に私のを一つ展示していただいておりますが、私のは小さいです。
個人的に小さいビスコーニュが好きなんです。
赤い糸とビーズで、お手玉のパターンで作りました。
100個それぞれみんな違っておもしろいです。

キルトと刺しゅう関係のお店、メーカーさんがいろいろ販売されたりもしていて、あちこち見て歩くだけでも楽しかったです。
新製品の説明なんかも聞いたりして。

日本ヴォーグ社さんのブースもあり、たくさんの本が販売されていました。
本は重いから、帰り際に買われる方が多いのでしょうか。
行ったときは夕方で、にぎわってました。

そこにステッチイデーVOL.24の表紙パネルかざってありました。
次号の表紙の作品、これは、内側が見えませんけど、ソーイングケースなんですよ。

さて、作品を出品している関係で、パーティーにおよばれしておりまして、着物を着て行きました。
パーティーは夜なので、夕方になると、著名な先生方もご自分の展示の前にいらしたり、ほかの方の展示をご覧になられたりされてるのをお見掛けしましたよ。

パーティーでは私の本棚に並んでいる本の著者である高名な先生方がずらっと。
私などの名刺などお渡ししてよかったのかとも思うんですけど、名刺を交換させていただきました。

青木和子先生は、以前にパーティーでお会いしているので覚えててくださって、すごくうれしかったです。
今回もいろんなお話うかがえて大変勉強になりました。
なにしろ、ず~っとファンで、このブログの左カラムに先生の本のカテゴリが作られているくらいですからね。

あべまり先生はすごく顔の広い方で、パーティーにいらしてる刺しゅう関係の、かなりの先生方とお知り合いです。
となりにくっついていると、いろんな著名な先生方とお話しできてしまいます。

そんなお一人、中山久美子ジェラルツ先生。
先生は文化服装学院の先輩にあたるわけで、Bunkaのこと、ブティや刺しゅうのこと、フランスの出版物、出版社、編集者のお話なども聞かせていただきました。
帰りには機会があって、ちょうどそのときたくさんお持ちになっていた作品を広げて見せていただくことができました。

そして、その著名な先生方が「刺しゅうという仕事」などについてお話しされてるのを横で聞いておりますと、まるで雑誌などの対談のようでして、たいへん勉強になりました。
仕事に対する考えもお聞きすることができて、わたしなんか甘いなあとちょっと反省してしまいました。

ほかにもご高名な先生方にお会いできて、今日は、そこでいただいた名刺の整理をしました。
そして、ご一緒させていただいた写真も送っていただきまして、ひとり、にやにやしております。

先生方の近年のご本です。





【More・・・】

青木和子のステッチライフ 記事はこちら(

青木和子の刺しゅうダイアリー (

フランスの針仕事 ブティ 布の彫刻 (

刺繍で描く イニシャルとモノグラム プリュムティ、ブティ、クロスステッチetc. (

あべ先生の「ビーズと刺しゅうのブローチ」は、発売以前()に発売予定だけ紹介してありましたね。
大変申し訳ないことに、本についてご紹介するのが遅くなりましたが、明日には記事アップします。


キルト&ステッチショーは土曜までです。
制作の意欲が高まりますので、足を運んでみてくださいね。

ステッチイデーVOL.24は、予約が始まっています。

↑アマゾン

紀伊国屋書店→ステッチイデー vol.24

楽天ブックス→ステッチイデーVOL.24


今回の特別付録は270周年を迎えるDMCの25番糸色見本帳と図案付録2種類つきだそうです。
関連記事

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/2940-1fddc8e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters