All archives    Admin

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2016'09.29 (Thu)

キモノハンガーは何本あってもいい

着物は10月になると袷になるから、9月の単衣の出番はもうおしまい。
雨の日ばっかりで、水にぬれたら悲惨なことになるお召しは出しやすい引き出しに移したのに、着ることもなくまた上に戻しました。
八掛のついている単衣は10月になっても暑い日に着るとよさそうなので、これは出番待ち。

2度着た小紋は全体にブラッシングと別珍で作った枕みたいなものでほこりをとり、袖口と掛け衿の汚れは落としておいたのですが、何しろムシムシしていて、このまましまうわけにもいかず困っていました。

しょうがないので今日は一つの部屋に乾かしたい着物を集めて、少し乾燥機をかけてから、和タンスにしまいました。

虫干しの時もそうですが、きものハンガーがいくつかあると、一気にかけられるので、手間が減ります。
以前は3本くらいで何とかしていたのですが、やはり全体の数に合わせて多いくらい持っているとらくですね。

私の周りではもう何年も虫干しをしたことがないとおっしゃる方が多いです。
大島紬などは特に湿気やすいとどこかで読んだ記憶があるのですが、そうでなくても絹は湿気には弱く、だからといって乾燥しすぎもよくないそうですね。

ひとまず、きものハンガーがあれば、干すのは簡単です。
たたむのが大変とおっしゃる方も、折り目がついているので元に戻すだけですから、とにかく、風を通してあげてほしいです。
しまいっぱなしで着られなくなるのはもったいないですから。

私は長襦袢も洗っちゃいますから、金属のパーツがないもののほうがさびないので、そういうときにも使えて便利です。

あと、あしべ織りについて聞かれたので、ちょっとここで。
先日も30℃というのに着物でお出かけしまして、でも、あしべ織(汗取り肌襦袢)を着ていたおかげで絹の着物まで汗が行くこともありませんでした。
それに、タオルを巻かなくても補正にもなります。
以前、このブログにコメントをくださった方に教えていただいたおかげで、ほんとによかったです。




【More・・・】

きものハンガー
こちらは2本持ってますが、金属は使ってないようにおもいます。


こちらは帯をかける部分がたためるのでしまっておくのにコンパクトでいいです。
コンパクトなので数本持っています。



こちらは1本持っていますが、しっかりしているタイプ。

背が高い方はロングサイズのほうがよろしいかと思います。






10月11日は、ステッチイデーVOL.24の発売日です。

ここ何日かアマゾンの刺しゅう部門で1位でうれしいですねと編集者さんともお話ししました。
表紙の第一印象で興味を持ってくださる方がいらっしゃったら、それだけで作品を作った者としてはうれしいです。

 


紀伊国屋書店→ステッチイデー vol.24

楽天ブックス→ステッチイデーVOL.24


関連記事

テーマ : きもの キモノ 着物 - ジャンル : 趣味・実用

 |  kimono 手入れ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/2951-4e03088f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters