All archives    Admin

04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016'10.06 (Thu)

ふっくらかわいいディズニーの立体刺しゅう


紀伊国屋書店→ふっくらかわいいディズニーの立体刺しゅう
楽天ブックス→ふっくらかわいいディズニーの立体刺しゅう [ アトリエFil ]
79ページ
ブティック社 2016年10月4日:発行
アトリエFil :著
日本語

アトリエfilさんを含め4組刺しゅう作家の方の、ブックカバーを題材にした作品展の話は書きました。(
そのときも話題に上ったのがこの「ふっくらかわいいディズニーの立体刺しゅう」です。

娘が小さい時はフリーステッチ、主にサテンステッチのようなステッチで刺していましたけど、スタンプワークのキャラクターたちもいいですね。
とくに、白黒のミッキーのおなかやアリエルのお魚の部分、プーさんのぷっくり感などとってもいいと思いました。

そして、前回の本()もそうですが、刺し方説明の写真の枚数が多く、それだけ、段階ごとに写していて、そこがとても参考になります。
前にバッグを作ったときも作り方ページの写真はとても参考になりました。

【More・・・】

スタンプワークのバッグ
このプロセス撮影のページも、ずいぶん時間をかけて作られたのではないかと思います。


糸だけでなく、ジョーゼットなどの生地、ビーズや黒目のボタンなども使ってあって、糸だけではなかなか難しい表現もしっかり形にされています。
この本はキャラクターたちのかわいさなど伝わってきて、それでいて、ぷっくりしているといった技法の良さも出ていますよね。

「キャラクターものを刺しゅうにする」といいますと、元の絵をみんな知っていて、いかにそれに近づけつつ、その技法の良いところを出せるかということかと思います。
技法を前面に押し出しすぎてキャラクターから離れてもいけません。

「絵に忠実でいて、技法の良さを引き出す」のが、この類の仕事の難しいところかと思います。

私はピーターラビットとその仲間が好きなので、出版の仕事でも二度ほど(ステッチイデーVOL.13と21)ビアトリクス・ポターさんの絵の世界だからということで刺しゅうの作品をお引き受けしました。
こういう作品は元のイメージを壊さないようにするのが大事ですよね。
ピーター ステッチイデーVOL.21掲載作品



さて、ステッチイデーVOL.24の発売は10月11日です。

↑の仕事のように私はたいてい、クロスステッチの作品を掲載していただいてました。
久しぶりにフリーステッチで作品を作ってもよいということだったので、表紙の作品のソーイングケースを作りました。

VOL.24ではフリーステッチで2点、クロスステッチで2点掲載していただいてます。

アマゾン→ステッチイデー VOL.24

紀伊国屋書店→ステッチイデー vol.24

楽天ブックス↓


関連記事

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  刺しゅうの和書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/2957-4865aac3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters