All archives    Admin

2016'10.07 (Fri)

腕時計の電池替えに続き革ベルトの取り換え

壁掛け時計、目覚まし時計も含めて置時計、腕時計、いくつもが立て続けに電池が終わりました。腕時計も自分のもの家族のものと止まってしまったので、電池を取り換えました。傷んできたベルトも取り換えました。・・・時計の電池替え



電池の取り換えの話の続きです。
ボタン電池もいろんな種類があり、なかなか売ってない電池もあります。

ときには電池交換の際、パッキンも切れているのに気が付いたりして、パッキンを取り換えることもあります。
これは取り寄せてもらったりしたこともあります。

でも、いまは、スマホなどで時間を確認する人も多いですからね、腕時計をする人が減ったのでしょうか、そういった取り寄せてくれるお店も、近くではなくなってきてしまいました。
同じように革ベルトの置いてあるところも減ってしまいました。
ん?革バンドというのかな?

で、革ベルトはいつもいい状態にしておかないと、私のように時計自体をなくすという最悪の事態になります。

忘れもしない、革が傷んだ状態ではめていて落としたことがあり、もう、それは一番いい時計でしたのでショックでした。
それ以降、傷み始めたら迷わず取り換えるようにしています。

まずは、ベルトの幅を測って、あるいは時計そのものを持って行って腕時計の幅に合った革ベルトを購入します。
腕時計の革ベルトの取り換え
このとき、時計の縁の色と金具の色が同じになるように気を付けます。
ゴールドならゴールド、シルバーならシルバー。(あえて、変えてもよいですけどね、普通同じかと。)
なかにはそこを換えられるよう金具だけシルバーとゴールドがセットになっていてどちらにでも合うようにしてあるものもあります。



【More・・・】

道具は専用のものがあればよし、なければ、細いマイナスドライバーなど、ものによっては、ベルトに付属品としてついているものもあります。
腕時計のベルトの取り換え

押すと引っ込むばねのようなものが入ってる金具が、ベルトとの接続部分に入っているので押して取り出します。
腕時計のベルトの取り換え
外れました。
腕時計のベルトの取り換え
新しいベルトを用意します。
同じように金具を入れます。
腕時計のベルトの取り換え
ひっかかりのある部分を押して短い状態ではめると、道具を引っかかりの部分から離したときに元に戻ってベルトがはまります。
腕時計のベルトの取り換え



上だけ取り換えたところ。
腕時計のベルトの取り換え
ベルトを外したときに綿棒などできれいにしておくとよいですよ。
腕時計のベルトの取り換え

下も同じように取り換えておしまいです。


さて、いよいよ来週10月11日はステッチイデーVOL.24の発売です。
little Stitch 国立駅北口 「リトルスティッチ」さん()でも販売されます。

いつも、作品が戻ってきたときは、こちらのお店でしばらく展示させていただいてます。
作品が返却されて展示が始まるときは、またこちらのブログでお知らせしますね。

表紙の作品は刺しゅう用のソーイングケースです。
朝ドラの「べっぴんさん」では刺しゅうのいろいろがかごに入ってますね。

私のは刺しゅう枠やはさみが入れらて、糸も掛けられるようにしました。
ピンクッションもついています。
ぱかっと開いて使うようになっているので、この形なんですよ。

アマゾン→ステッチイデー VOL.24

紀伊国屋書店→ステッチイデー vol.24

楽天ブックス↓(現段階では刺しゅう部門でなく『付録付きムック』に分類されてます)


特別付録に270周年を迎えるDMCの25番糸色見本帳と図案付録2種類つきだそうですよ。
関連記事

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  Repair 修繕  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/2958-0349fd4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters