All archives    Admin

02月≪ 2017年03月 ≫03月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016'10.11 (Tue)

ステッチイデーVOL.24 本日発売

今日はステッチイデーVOL.24の発売日です。
(追記:本屋さん、あるいは手芸店によっては遅れるお店もあるようです。)
アマゾン→ステッチイデー VOL.24

紀伊国屋書店→ステッチイデー vol.24

楽天ブックス↓(現段階では刺しゅう部門でなく『付録付きムック』に分類されてます)


128ページ
日本ヴォーグ社 2016年10月11日:発行
日本語
特別付録に270周年を迎えるDMCの25番糸色見本帳と図案付録2種類つき

洋裁や刺しゅうのお仕事を依頼を受けて掲載される出版物はこれで29冊目になります。
今まで、ほかの方の作品と一緒に表紙に写っていたことはありましたが、自分の作品が1点だけ表紙というのはなかったので、いつもよりさらにうれしいです。

よく、本のレビューなどで表紙が良かったから買いました~などと書かれているのを見ると、そうだよね~って思うわけです。
となると、今回はどうなんでしょ、と、心配になったりもします。
いいなと思って手に取っていただけたら・・・。

この表紙の作品のほかに、レッスンページでは2点、通販ページでもちょこっと1点、合計4点掲載していただいてます。


内容は、リビングで、ベッドルームで・・・とおうちの中のここで、このシーンで使う刺繍をしたもの・・・、この季節のこんな行事の刺しゅう・・・
などテーマを決めての作品はいろんな方のいろんな作品があって楽しいです。

また、刺しゅうに限らずいろんな材料が発売されますので、その材料を使った刺しゅう作品。

読み物としてはフランスの刺しゅうの歴史やフェズししゅう・ベルベル刺しゅう、青木和子先生の毎号の小さなししゅうの旅は「蜂」など、興味深いお話もいろいろ。
この前、行ったパーティー()のプント・アンティーコについての記事もありました。

そして、日本ヴォーグ社さんから出ている刺しゅう本の紹介も何冊かあって、こちら()で書いた「ビーズと刺しゅうのブローチ」もあります。

TOPICのページの「ダーニング」も道具が面白くて、たのしそう。

通販ページは、今回、いつものように本や材料もたくさんですが、さらにオリジナル商品もあったりしてとっても充実。
私のレッスンページの木製の額とパネルもなかなか売ってない飾りやすいサイズで、木製パネルのほうはオリジナルのサイズで作ってもらっていて、しかも500円と、手に入れやすいお値段になってます。

付録の色見本帳は私の実物の糸を刺している色見本帳の色別版と同じ並び方でした。(写真上の段:わたしが作った時期が古いので最後の段染めあたりがちょっと変わっています)
色見本2冊
この並び方は481色がむだなく並んでいるのでコンパクトに収まる並び方となっています。
関連記事

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

発売おめでとうございます

昨日(11日)に書店に行ってきました。探せなくて店員さんに尋ねたら、「明日(12日)入荷です。」

楽しみにしてたのに~。会社帰りに行けないので、今度の休みにとっておきます。
手仕事屋Y | 2016年10月12日(水) URL | コメント編集

Re: 発売おめでとうございます

せっかく本屋さんに行っていただいたのに申し訳ありません。
時々同じようなコメントをいただくのですが、書店に並ぶタイミングがちょっとずれるお店もあるようです。
でも、店舗のある本屋さんは大事なので、できるだけ本屋さんで買っていただきたいと思っています。
うちの実家みたいに本屋さんまでなかなか行けないという方のため、また画像をお借りするために楽天ブックス、アマゾン、紀伊国屋書店のサイトもアフィリエイトの貼り付けで表示させています。

たくさんの方の作品が載っていていろんな個性の刺しゅうが楽しめる本です。
今度のお休みはじっくり見てくださいね。
もったいないかあさん | 2016年10月12日(水) URL | コメント編集

今日、ステッチイデーとミセスのスタイルブックを買ってきました。

今回のステッチイデー、見応えがあって、あれもこれも刺したくなるものばかりで、中でもやはり、花かごのソーイングケースは素敵で、機能的で、是非作りたいと思いました。
chiebou | 2016年10月12日(水) URL | コメント編集

chiebou さん♪

>・・・ 機能的で、是非作りたいと思いました。

うれしいことをおっしゃいます。
ありがとうございます。
内側のパーツをどうしてこんな風に作ってみたか、また、後日書きたいと思います。
作りに制限のある依頼が多い中で、比較的自由な作品を作っていいということだったので自分が使いたいものを作りました。
表の刺しゅうを変えても作っていただきたいなあと思ってます。
もったいないかあさん | 2016年10月12日(水) URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/2963-530b4bef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters