All archives    Admin

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016'10.18 (Tue)

自分で黒留袖を着ました③持ち物(2)着付けの小物

自分で黒留袖を着ました①で書いたバッグを買いましたので、あとは入れるだけ。そして2泊3日の準備です。なんで、こんなことを書くのかというと・・・着物の本を出されてる方は、比較的いつも着物を着てらっしゃるから行きも帰...
自分で黒留袖を着ました②持ち物(1)長着と長襦袢


小物類の風呂敷には広げたら上から順に着て行けるように、包みました。

おちょこちょいの私は、いつも何か一つ忘れてたりするのです。
それで、着付けの時間が長くなるという、まったく合理的でないことをしてしまいます。
今回は忘れものもなく、そこは時間もかかりませんでした。

①衿芯(バイアス衿芯はついているけどさらにプラスで短い首のあたりだけ入れるもの)
②腰紐と伊達締めとコーリンベルト(先に手に取りやすいところに掛けるため)
③きもの用ひざ下ストッキング
④足袋
⑤裾よけ
⑥あしべ織り汗取り肌着(肌襦袢と補正兼ねて、和装ブラは無)
⑦補正のタオルなど
⑧クリップ(留袖は重いのでクリップを背中心だけでなく左右も留めると安定)

帯は作り帯にし、風呂敷にはまとめて帯関係の小物を。
①作り帯(お太鼓で前帯をくるむように巻くと織りじわができない)
②帯枕(若い時の大きさのものがこの年齢の礼装の袋帯にちょうどくらいのようです)と織りの平ゴムを輪にしたもの
③帯揚げ
④帯締め(房のカバーはつけたまま)
⑤クリップ  作り帯を形にして仮止めする
⑥帯板(暑いかと、メッシュにしました)
作り帯については別途書きます。
切って二部式にしました。

裾よけの下にはく下着は、風呂敷には入れず、朝のうちにはき替えておきました。

移動することがあるなら、③の上に足袋カバーを履きます。
今回、式場からは出ないのでなし。

あと、念のため、針と糸とはさみは入れてあります。
針と糸はステッチイデーのVOL.11にも載った、アレです。

それから、懐にはお懐紙。
結婚式などの時の、帯に差す扇子「末広」も忘れずに。



【More・・・】

アクセサリーはつけませんが、こういうときくらいは婚約指輪でもつけましょうかということで、付けたら抜けなくなりました。
ホテルで石けんを塗って何とか外しました。

バッグ(会場で持つ小さいもの)の中身は

小さいお財布
携帯電話(カメラ機能が良い機種なので)もしくはカメラ
白いハンカチ
ティシュ

袂にはガーゼのハンカチを入れておきました。


関連記事

テーマ : きもの キモノ 着物 - ジャンル : 趣味・実用

 |  kimono 着付け  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/2971-374f2a93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters