All archives    Admin

08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2016'10.26 (Wed)

自分で黒留袖を着ました⑥着た後の手入れ

別のバッグにはヘアセットの色々を。①ヘアピン類 Uピンやねじピン(「スクリューピン」「スピンピン」「コイルピン」など...②ホットカーラー 特太4~6個 和の髪には特大がよいようにおもいます。 ...
自分で黒留袖を着ました⑤着付け


⑤のあと時間がありましたが、あとの手入れのお話。
今月は二度着物を着ましたが、着付けの手際の悪さに、まだまだだなあとおもいます。
面倒だから、洋服で出かけちゃおうかとも思いましたけど、着付け教室に通ってるつもりでやってみました。
着て出かけることが勉強ですね。

ところで、神戸では黒留袖を着て、披露宴では、おいしいフランス料理をいただきました。
私のようなひ弱な胃腸の人間でも、胃にももたれず大変おいしいお料理でした。

食事の最中は姿勢をよくしていれば、こぼしたり、飛ばしたりということはあまりないのですけど、やはり何かで汚れていることはあると思います。
次に使うのはいつになるかわからないため、普通の小紋に比べても、しっかりきれいにしてからしまいたいものです。
丸洗いに出してしまわれる方もいらっしゃるようです。

ホテルできものハンガーにかけ、綿ネルを袋に縫って綿を詰めたものをブラシ代わりにほこりを落とし、一晩、湿気を抜きました。
翌朝には畳んで、きものバッグに詰めて家に送りました。

ホテルの室内は明るくはないので、黒い留袖など汚れがあってもわかりません。
だから、翌日受け取ったらすぐに荷をあけ、またきものハンガーにつるします。
そして、ちょっと明るいところでよく見ます。

特に汚れたところも見つからなかったのですが、掛け衿の折り目や比翼の折り目の首に当たる部分、袖口の部分はベンジンでふき取りました。
あとは、あまり日の当たらない、でも、風通しのいい場所につるしておきます。
雨だったら、空気が乾く日まで干さないと、湿気を持ったままタンスにしまうことになってしまいます。

でも、ずっとつるしておくと裏地と表地の伸び方が違うので、裾が袋状(表布と裏布の長さに差が出る)になってしまうことがあるそうです。
また、日焼けも怖いので、干すのもほどほどにしておくというのも大事だそうですよ。

昔からベンジンで汚れ落としをしていましたよね。
衿拭きと呼んでいたりもしました。
いまは、あちこちの本で、リグロインがおすすめ!と書かれていたりもします。

大型スーパーではベンジンなど売れないらしく、買いに行ったら売り場からなくなっていました。
まあ、日常使うものがそこそこ揃う「巨大ではないスーパー」の方ではちゃんと置いてあったので困りはしなかったのですけど、使う人が減ってるんでしょうね。

だんなさんの白い絹のネクタイもベンジンで家でドライクリーニングしておきました。
汚れてはいなかったのですが、触ったし何年後かの変色が心配なのでクリーニングに出してほしいと言われたんだけど、クリーニングに出せば500円くらいと書いてありました。
ベンジンがあれば、値段的にも手間もそれほどかからないので、いつものように自分でやりました。
ネクタイのドライクリーニング
やり方はインスタントコーヒーの大びんのような広口瓶にネクタイを丸めて入れ、ベンジンをたっぷり注ぎ、汚れをベンジンに移します。
ネクタイを取り出し、きれいな白いタオル、あるいはバスタオルで挟んでタオルにベンジンを吸わせ、ネクタイが乾けば、クリーニング終了です。
今回、とくにアイロンがけは必要なさそうでした。

これは、きものの帯揚げにも使える方法です。
換気には気を付けて行いましょう!

【More・・・】














関連記事

テーマ : きもの キモノ 着物 - ジャンル : 趣味・実用

 |  kimono 手入れ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/2975-873436a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters