All archives    Admin

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017'01.29 (Sun)

麻のきもの・絹のきもの 展

現在、文化学園服飾博物館()では「麻のきもの・絹のきもの」 展()をやっています。

麻や絹の着物が、苧麻や蚕からどのように製品になるか、また、昔の高い技術の染色や日本刺繡の施されたきものも間近で見られます。

小千谷縮みや縮緬の着物をお持ちの方も、繊維の勉強をしてない方はどのように作られるか知っていて着てらっしゃる方は少ないかと思います。
デパートで行われるきもの展など見に行っても華やかな装飾的なものに重点を置いて展示されてることが多いですね。
実際に、そういうものでないと、それなりの金額を払って見には行かないかもしれませんし、そういうのを見たい需要も多いと思います。

一方、こちらはファッションの学校ですから、繊維学もテキスタイルも勉強します。
そういうちょっと地味だけど大事なところも展示されてるのが学校らしくてよいと思います。

1階が、おもに「どう作られるか」で、こちらから見学です。
ビデオが何種類か上映されています。
麻からどうやって繊維を取り出すかなどは、ネットで検索してもあまり見られない貴重なものではないでしょうか。
蚕から糸を取り出す手つきなど、なんて無駄のない美しい動きなんだろうと思います。
実際に触ってもよい繊維なども置いてあります。

2階は、1階にも少しありますが、着物の展示です。
昔の方はちっちゃかったのね、と思います。
古いものでも保管状態はよく、すばらしい染色や刺繍が見られます。

デパートでのきもの展を想像して訪れると少ないように思いますが、昔の高貴なお方や豪商の家のお着物だったり、やっぱり博物館らしいきものが並んでいて、そこが違います。

授業で学生たちが見たりもするので、1時間以内で見られるくらいの量です。
でも、一つずつじっくり後ろに回ったりしても見られてよいです。

学校の購買()はいつもはネットのほうででも、いらしたついでに、お買物はいかがでしょう。
どなたでもお買物できますので、ついでに洋裁用品など探されるとよいですね。

博物館の開館日と、学園ショップの営業日、開いている時間をチェックしてからお出かけください。
関連記事

テーマ : 和文化あれこれ - ジャンル : 趣味・実用

 |  kimono 着物  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/2976-b57f430f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters