All archives    Admin

04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017'03.16 (Thu)

ピーラーやスライサー

にんじんは毎週、生協さんで買っているんですけど、品種の違うのを買ってみたりします。
味の違い、ひび割れやすいけどおいしい品種とか、いろいろありますね。

煮物、汁物、揚げ物はもちろん、サラダにすることも多いです。

サラダの時は丸ごとゆでてから切るとか、普通のピーラーやスライサー、千切りスライサーなどで薄く、細く切って、電子レンジで半生くらいに加熱したりもしていました。

生で食べるのにはすごく細く切ったりしてました。
TVで紹介されてたのがいいなあと思ったのは、ドレッシングのなじみがよいとのことだったからです。

スライスした編み目のような切り口もおもしろそうなので「わっふるサラダピーラー」を買ってみました。
わっふるサラダピーラー

【More・・・】


たしかにドレッシングの含みもいいですが、なにより、スライスするのがおもしろいです。
見た目もふんわりしてて、歯触りもいいので、結構気に入って使っています。

キャベツ用と刃が取り替えられるものもありましたが、パッと使うには、キャベツはキャベツ、わっふるはわっふる、をそれぞれ使った方が、時間的にも早く、結果的に使う頻度も高くなるのではと思っています。

ひとまず、「わっふる」の方だけ買いました。


ところで、ピーラーは、私の中では縦型が基本。
ずっと縦型を使ってきたから。

近頃は、20年使ってきたのが切れなくなってきて、近所のスーパーで見つけたこちらを使ってます。
立つのがちょっと便利。

引き出しで他の調理道具と当たったりすることで、刃が切れなくなるらしいですよ。
お気をつけを。



千切り用には昔からあるこちらを使ってます。



長野でも、私の育った地域ではおやきの具など野沢菜と一緒に、あるいは大根やにんじんなど、野菜を炒めてみそで味付けします。
この道具↓を「せんどつき」と呼んでいましたが、検索してもでてこないところを見ると方言かな?
きっと『千度突き』なんでしょうね。
どんどん、野菜が斜めの千切りみたいになって出てくるのですが、包丁でするのと違って、切り口がちょっとざくざくすることで、味の含みもよくなります。

ほんとに断面のきれいな千切りは包丁でします。

ちなみに「切り干し大根突き」はもっと太く切れるはずです。
↑で細く切って干したら、糸のような切り干し大根になってしまいましたからね。



普通のスライサーは個人的にはセラミックがおすすめです。
20年くらいは使っているはずですが、錆びないし、かびないし、なにより、切れ味変わらずいいですよ。

関連記事

テーマ : 料理 - ジャンル : 趣味・実用

 |  おすすめ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/3033-bbe6814e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters