All archives    Admin

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017'01.12 (Thu)

A~Zウール刺しゅう

今夜のすてきにハンドメイドはフランス伝統のブティで作るポーチ 

夏にお会いすることができた(記事はこちら)中山久美子ジェラルツ先生です。
放送が楽しみです。

さて・・・

調べ物をするのに出してきたんですけど、まえにも紹介していましたが、ちょっと古い本です。
近頃たぶん同じじゃないかという本を見つけたので改めて書きます。


紀伊国屋書店→A~Z ウール刺しゅう

楽天ブックス→A〜Zウール刺しゅう [ 成田明美 ]
128ページ
日本ヴォーグ社 2004年1月19日:発行
成田 明美:著
日本語

カテゴリは和書に入れておきますが、「A-Z of Wool Embroidery」の日本語訳になります。

上の「Sue Gardner:編集」というのはCountry Bumpkin Pubs(カントリー バンプキン パブリケーションズ)の編集長さんがSue Gardnerさんだということのようです。

ですから、この似た題名の本2冊も表紙は違っても中身はほぼ同じなのではないでしょうか。

日本でも別の出版社から同じ本が出ていたり、表紙が違うけど実は中身は同じだったり、ということがあります。
海外の場合は、表紙だけ変えてみたり、編集しなおしたり、ちょっと加えたり、ハードカバーをやめて表紙の薄い本になったり、というのはよくあります。

覚えのあるデザインがあったり、名前がそっくりだったら、注意です。
上の違う表紙に写っている写真は、本の中の作品ですから、そういったところで判断しないと、同じ本を買ってしまうことになります。

さて、この本、13年前に日本で発売されて、元の本はその半年前、2003年に発売されています。
いまだに同じものを新しく出したりしているのは、よい本という証拠だと思います。
日本語訳のこの本もまだ絶版ではなく、普通に買えるようです。

新しい表紙で出された本でもわかるように、様々なデザインを形にするための技法が載っています。
このA~Zのシリーズはどれも写真が豊富でわかりやすいです。

フリーステッチの技法が基本なので、知ってる~ということも多いでしょうが、ウール糸でなければできない技法も多く載っているので、とても面白いです。
近頃は簡単ないくつかのステッチで仕上げるのが簡単で人気のようですね。
でも、この本はちょっと手間をかけて作るものも多く、すてきです。

グラニトス・ステッチなどはウールの糸でなければこうはいかないというステッチですから、普通のフリーステッチの技法の本では取り上げられないでしょう。
そんな面白いステッチもあり、たくさんの種類のステッチも、それらを使ったデザインも図案もついていて、人気なのでしょうね。

検索する場合、たいてい「~」が登録する際になにか違うように登録してしまっているのか、「A~Z」と打ち込むとうまく探し出せないことがあります。
「 ~ 」で登録されてる時もあるようですし、このシリーズ、そこがちょっと困るときがあります。
そういうときは「A Z」で探すようにしています。
関連記事

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  Books 刺しゅうの和書  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

すてきにハンドメイド 見ました

ブティ 初めて見ました なんて繊細で美しい!世界には様々な手芸があるのですね
私の母もモラをしているのですが それまで全然知らなかったのに 始めて見てビビッときたそうです
前回の刺繍は よく知っているステッチながら きれいな糸始末の仕方や アウトラインステッチのこつなど とても参考になりました
手作りの番組は大好きで欠かさず見ています 先生方の手さばきをみていると なんだかモチベーションがあがるのです
次回も楽しみです
うさこ | 2017年01月14日(土) URL | コメント編集

うさこさん♪

ブティ、すてきでしょ。
先生にはゆりかもめのなかで、たくさんの実物を見せていただいたんですよ。
(車内はとてもすいていたので)
安い早い簡単ばやりのなかで、手間と時間をかけた本物は輝いて見えますね。
もったいないかあさん | 2017年01月16日(月) URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/3035-bca045b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters