All archives    Admin

08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017'01.26 (Thu)

ご質問:リボン刺しゅうのリボン、素材の違い

つぎの「手づくり手帖」、発売予定が2月17日。
早春号は「お馴染みの材料付録は樋口さんによるアップリケと刺しゅうのモダンフラワーカードケース」ということなので、ファンといたしましては、きっとこの号は人気があるんじゃないかと予測しております。

楽天ブックス→手づくり手帖 VOL.12 2017年早春号

さて・・・

奈緒さんから、こちらの記事()にご質問いただきました。
「木馬のアクリル100%にくらべて、正絹刺しゅう リボンの張りは同じくらいですか?」
刺しゅう用リボン シルク アクリル

「張り」というのをどう表現していいかわからないので、素材それぞれについて私の個人的な感想を書きます。


【More・・・】

そのまえに、木馬のリボンは昔、私が買っていたものは素材はどれもアズロンだったと思います。
前にも書きましたけど、アズロンというのはプロミックスのような素材です。
プロミックスは牛乳のたんぱく質から作ります。

そして、いまは、アクリルやポリエステルに替わっています。

授業では正絹のリボンを使って制作していました。

なんとなくですが、刺しているときアクリルは硬い感じはします。
それは、いつもシルクやアズロンを使っていたせいかと思いますが、その硬いというのは刺しているときの感じであって、刺し上がったときのふっくら感、それが張りというものであるとすれば、見た目ではどっちが張りがあるか見分けはつかないように思います。

そんなで答えになりますでしょうか。

刺しているときの手ざわりにうっとりしたかったら、シルクですね。
すべる、なめらかな感触は、アクリルの毛糸を編むのと、ベビーアルパカを編むことの違いみたいな感じです。

光沢は、やはりシルクはつやがよく、アクリルはマットというか、あまりない気がします。

発色についていえば、上の写真ではよくわからないかもしれないですけど、下の二つの黄色7㎜は同じ色番でもアクリルよりアズロンの方がきれいだとおもいました。
シルクには及ばないものの、触った感じはアズロンの方がアクリルよりしなやかです。

でも、以前にも書きましたように、アズロンはプロミックス、つまりたんぱく質からできていますから、経年劣化で、刺していても擦り切れやすくなるようです。
ですから、せっかくのやわらかさや発色の良さがあっても、原料や加工の手間のことなどがあるからか、アクリルやポリエステルに替わってきているのかもしれませんね。

ちなみに↑の写真で上の三つ紫、黄色、クリーム色は、リボンの巻き方を撮りたくて一緒に撮りました。

右は売ってる状態の糸巻き。5m。

中が自分で木を削って作った糸巻きに正絹のリボンを巻き取ったところ。10m。
左は、ミシン糸の終わった糸巻きに巻いている正絹のリボン。10m。

10mの正絹のリボンは東京だと越前屋さんで買えます。
これを、昔から桐の箱に入れて保管しています。

桐の箱の話はこちら ★

刺しゅうのお教室の方でも生徒さんの腕が上がってきましたので、そろそろリボン刺しゅうもやりたいとおっしゃるのでは?と思っています。
フリーステッチで刺しゅうの基礎をしっかり固めてらっしゃるので、きっとうまくできるとおもいます。

木馬でもシルクは定番で、あるようですね。












関連記事

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  Ribbon work  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ありがとうございました。

こんにちは。
記事で説明して下さって感謝しています☆
私が知りたかった内容でしたので、じっくり読ませて頂きました。
近くに手芸店がなく、ネットでの購入のみになってしまうので
画像でイメージするのは初心者にはとても困難です。(笑)
いろいろリボン刺繍について調べていたところこちらのサイトを見つけました。
他にも興味深い記事が多く、娘と勉強させていただいています。
これからも楽しみにしています。
奈緒 | 2017年01月30日(月) URL | コメント編集

奈緒さん♪

いまはあまり扱ってるお店がないですね。
手ざわりも、昔からやっていると、素材それぞれの違いを知ってるけど、近頃ですとアクリルかポリエステルだけになってきて違いを知ることもできませんよね。
お教室でもリボン刺しゅうをお教えすることがありますが、細い糸に比べると、どんどん仕上がって楽しいかと思います。
まずは、いろいろ試してみてくださいね。
もったいないかあさん | 2017年01月30日(月) URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/3038-20e0aa6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters