All archives    Admin

08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017'02.01 (Wed)

リンメル マジカルステイ リップコート

気がつけば2月。
1年の中でも12月と1月は私にとっていちばん忙しい月で、それが過ぎてほっとしているところです・・・

と書いたすぐあとに、また忙しくなるかもしれないお話が来ましたので、ならば今のうちにと急いで片付けをはじめました。
仕事がはじまると、もう、材料やら本の山でたいへんなことになりますからね。

さて・・・

刺しゅう糸を針に通す時、糸をなめてはいけない、というのは、私がそう教わったからずっとそうしています。
理由としては、刺しゅうは上品な仕草も大事という、見た目や気分があると思います。
その他に、濡れるので、糸や布に湿り気を与えてしまって、糸の色落ちがしたりなどは困るからということもあると思います。

学生の時、服飾手芸で教わった授業で思ったのは、そういう理由ではなく、口紅が付くからなかな?と思ったのを覚えています。
そのころ、口紅は普通、落ちてしまうものだったし、落ちない口紅がはじめて世に出始めた頃だったかと思います。
友人は、有名ブランドの口紅は食べてもおいしいなどといってた記憶があります。
私は、食べる前に拭き取ると思っていたので、おいしいかどうかなんて考えもしなくてその言葉にびっくりしました。

で、そのあと、普通の口紅でもコーティングして落ちなくするというのが出て、買って使ってみたら、苦くて、結局拭き取ってから食べるか、使わないでいました。

それで、お教室の時も、私は生徒さんの手元を見るために歩き回ってもし万が一、生徒さんの刺しゅうを汚すことがあってもいけないし、口紅はあまりつけないでいた時期もありました。

いまは、娘に教わって、苦くないリップコートを使っています。
基本的に口紅を付けるときは必ず使ってますね。
外食したあとに塗り直さなくてもよかったり、カップに口紅が付かないのもうれしいです。
それに着物を着るときも口紅で汚す確率は減っているはずですから、そういう点でもいいなとおもいます。
いくら、落ちないからといっても、やっぱり刺しゅうのとき糸はなめたりしてませんよ。

いままではハンズまでわざわざ買いにいったり、娘に頼んで買ってもらったりしてたのですけど、ああ、楽天でも買えるんだって、見つけたのでここに書いておこうと思いました。

よく振らないで出すと、水っぽい部分だけ出ちゃうので、振ってからリップブラシに出します。

うるおいプラスというのも出ていて、私は店頭になかったので白いパッケージの方を使っています。


【More・・・】



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リンメル マジカルステイリップコートケアプラス 6G
価格:1620円(税込、送料別) (2017/2/1時点)






関連記事

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  おすすめ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/3042-2ff761f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters