All archives    Admin

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017'02.07 (Tue)

アイデア広がる!配色バリエーションBOOK

すぐに役立つ! 配色アレンジBOOK 記事はこちら

以前、この本↑がいいよ~ってご紹介しましたけど、第2弾になるのでしょうか、さらに配色に役立つ本が、今日、発売になりました。
アイデア広がる!配色バリエーションBOOK


紀伊國屋書店→アイデア広がる!配色バリエーションBOOK

楽天ブックス→アイデア広がる!配色バリエーションBOOK [ 久野尚美 ]

304ページ (ソフトカバー)
グラフィック社 2017年2月7日:発売 2月25日:発行
久野 尚美/フォルムス色彩情報研究所:著
日本語

前の本(すぐに役立つ! 配色アレンジBOOK )はデザインを考えるときに、なんとなくながめる本です。
オリジナルをデザインしなきゃいけませんからね、この本を見て同じようなものを考えるのではなく、自分がどういうデザインをするか、方向性を確認するためです。

新しい方の今日ご紹介のこちらの本、まず、手にとってぱらぱらめくって、何となくいいなあと思ったら、買い、ですよ。
その、何となくいいと感じる理由は色合わせにあることも多いかもしれません。


【More・・・】

ハンドメイドが人気でネットでもいろんな物が売られています。
いいものもあれば、当然、もう少しどうかした方がいいんじゃないかなあと感じるものもあります。

なぜ、そう感じるかよく見てみると、技術的なもの、素材の善し悪し、デザイン自体や配置などなど、いろいろ気になる点もありますが、やはり、色のバランスはかなりの部分を占めるかと思います。

前にも書きましたように()、この本と前の本は私が学校で勉強したデザイン論の演習ノートみたいなもので、心地よく感じる色の組み合わせがたくさん載っています。
その量は本の厚さが2㎝もあることでもわかると思います。

『バリエーション豊富な配色サンプルに加えてカラーパレットごとに、日/英/仏/伊の4カ国語対応イメージワードを掲載。商品開発、ネーミングのヒントや手芸のアクセント使いにもオススメです。巻末には全26種類のカラーパレットをより実用的に使いこなせるように色相順カラーチャートと色のグループ別カラーインデックスを掲載。色の印象の見極めや、微妙な色みの違いを認識して配色するのに便利です。』 -出版社からのコメント

今回の方が点数が多いんでしょうか、ぎっしり詰まったお得感も感じます。

前回は、1パレットが8-9色、今回は25色のパレットで一目瞭然でわかるようになっています。
この25色の中の色ならどれを合わせても相性がよい配色ができます。

巻末には、色相順にならべたパレット毎のカラーチャートと色のグループ別カラーインデックスがあります。
前半のパレットでテーマに沿ってイメージを膨らませてから、巻末の色相順カラーチャートで微妙な色の違いを確認しながら
選べます。

2色、3色、4色、5色の配色例をイラストで紹介。
丸いイラストは同じ絵で違うパレットからの多色使いで、同じ図案でもこんなに違うんだ~って感じられて楽しいです。
丸の右のページは絵でデザインされた文字やそのテーマを象徴するような描き下ろしのイラストとなっています。

巻末の色彩の情報ページには、前の本にはなかった無彩色の効果的な使い方、配色に役だつ基礎知識など、理論的なことも、簡潔にわかりやすく書かれています。

個人的には『カラーパレットごとに、日/英/仏/伊の4カ国語対応イメージワードを掲載』って、ところが、辞書のような使い方もできていいと思いました。


そんな至れり尽くせりな本ですから、デザイン論を勉強したことがなく、なんとなくあか抜けないものができあがってしまうという場合などは、このあたりを読んで理解してから作品づくりをされるとよいのではないでしょうか。

お教室では刺しゅうの技法だけでなく、こういった色を含めたデザイン論のようなものもお話しさせていただいてます。

生徒のみなさんはデザイン論を勉強されたことはないようなのですが、いつも着てらっしゃるお洋服もすてきですから、センスがおありなのだと思います。
お洋服を選んでコーディネイトすることもデザイン論の実践ですものね。

同じ図柄を刺すときでも、選ぶ刺しゅう糸の組み合わせもみなさんそれぞれに個性もあり、バランスもよくすてきで、こちらが逆に勉強させていただいてます。
関連記事

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  Books デザインの和書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/3049-c679bcbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters