All archives    Admin

04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017'02.08 (Wed)

ロックミシンについてのご質問

昨日発売のこちらの本もとてもよかったです。
後日また、改めてご紹介しますね。

紀伊國屋書店→一年中楽しめる透かし編みの模様82―繊細で軽やかなショールやソックスも作れるシェットランドレース模様パターン集

楽天ブックス→一年中楽しめる透かし編みの模様82 [ エリザベス・ロヴィック ]

さて、めめさんからご質問をいただきました。

こういうご質問を受けて、上から目線でこれがいいですよ!って書かれているのを読んだこともありますが、こればっかりは、人によって何がいいかはわからないですし、片寄った考え方もありますからね、私だったらこうする、こう思う、という、個人的な意見を書かせていただきたいと思います。

>家庭用コンピュータミシンとロックミシンとの仕上りや目的の違いを教えて頂けると嬉しいです。

※カバーステッチについてへんな文章になっていました。直しました。

【More・・・】

どの程度の家庭用コンピューターミシンなのかにもよりますが、ジグザグだったり、模様縫いであっても、切った布の端を縫って行くと思います。
ものによっては伸びてしまったり、ほつれはじめてたりすることもあるかとおもいます。
地縫いと同じ糸でジグザグミシンなどをかけると糸が太くてごろごろすることもあります。
かといって、細い糸で縫うためには糸替えが必要で、手間がかかりますね。

一方、縁かがりミシン、ロックミシン、オーバーロックなどと呼びますが、布を切りながら縫うので裁ち端もきれいですし、糸も細いのでごろごろしません。
直線縫いのミシンとロックミシンが別々にあることで作業の効率もよくなります。

>このように、ほぼ初心者ですので、ロックミシンを購入したところでお洋服を作る事が出来るのかな?と疑問に感じております
>初心者がロックミシンを購入、使用するにあたっての注意点はありますか?

お菓子作りにはまって、プロの道具を買うか、スーパーでも買えるような道具を買うか、といった違いかなと思います。
プロの道具は使いやすかったり、仕上がりがよかったり、長持ちしたりします。
たとえば、タルトを作るために麺棒と台を買うとして、大理石の板とよい麺棒を買うか、100円ショップのを買うか、ラップの芯で代用するか、みたいなところですね。
1回だけなら代用でもいいけど、やっぱり、冷やした大理石ですとバターも溶けずに仕上がりもよいです。

これからがんばろうと思ってらっしゃるご様子ですので、私は早く使い始めた方がお得かなと思います。

購入する際、何を縫うか、ですが、ニット地を縫うことがあるなら2本針4本糸のものがおすすめです。
1本針3本糸にして、普通の裁ち目かがりとして使うこともできます。

高機能の機種ですと、市販のTシャツの裾のような縫い方(カバーステッチ=表は2本のステッチ裏はオーバーロックの縫い目)もでき、さらに2本針4本糸のような使い方もできます。
置く場所がないという場合は、このいろんな機能が付いていると便利かもしれません。

逆に置く場所に余裕がある場合は、機能があまり集中していない方が作業ははかどるようです。
それぞれの縫い方に切り替えて調整するのにやはり手間がかかるからです。
カバーステッチだけ別になってる方が結局便利、とも聞きました。

だから、ほんとに裁ち目かがりだけなら、1本針3本糸のがあれば十分ですし、おおいにニット生地を縫う気持がある場合は、2本針4本糸や、カバーステッチも付いた機種など検討するとよいかと思います。
ただ、お値段に違いが出てくるのは避けられません。

ニット地を縫うことが多い場合は、差動送りの機能が付いているのがおすすめです。
私は2台を使い分けているのですが、この機能がない方でニット地・スウェット地などを縫うと伸びた縫い目になってしまいます。

ちなみに1本針2本糸というのも昔はあったと思うのですが、私が学生だった頃はすでに1本針3本糸がほとんどでした。
それで、たいていのものは縫っていました。


使う場合の注意点は、針と上ルーパーと下ルーパーをタイミングよく交差させつつ、刃で切りながら縫い進む道具であることから、細かい注意点があります。
いちばん怖いのは、待ち針などを使ってしまうと刃もへたすると本体もだめになってしまうことでしょうか。
ソーイング用の小さくて挟みやすいクリップで挟むのがよいですよ。

でも、初心者でもちょっと練習すればすぐに使えると思います。
お教室の生徒さんは初めての時でもみなさん上手に縫われていますよ。

ただ、刃が怖くてだめ、という方は買われる前に考えた方がいいです。


>ロックミシン初心者用のおすすめの本をご紹介頂けないでしょうか?

以前にご紹介したこちらの記事はいかがでしょうか。
4年前の本で今は絶版のようです。
自分で買った本でないのをご紹介するのは気が引けるので他の本を紹介できません。
ひとまずこの本で足りていますので。

私はミシンの構造などから学校で勉強しましたからこういう本はいらないと思っていましたけど、それでも役に立ちました。
わかりやすいですし、この先縫って行くものの参考にもなるのではないかと思います。

ただ、本にはアタッチメントなどもいろんなものが載っていすぎて持ってなきゃいけないような気持になるかもしれません。
持ってた方がいい、くらいに考えておいた方がいいと思います。
アタッチメントは実際にはあまり使わないことも多いですので、買い足していくくらいのつもりで、最初から、あまりあれもこれもと買わない方がいいかもしれませんね。
テグスを入れたりなんて今のところしてませんから。



紀伊國屋書店→ロックミシンの教科書 ― 基礎から応用まで写真解説のテクニックガイド

楽天ブックス→ロックミシンの教科書 [ クライ・ムキ ]
80ページ
ブティック社 2012年7月28日 :発行
クライ・ムキ:著
日本語


私のロックミシンは2台ともベビーロックなんですが、春はイベントもありますよ。
お近くでしたら、実際にご覧になるのもよいと思います。

第22回 手づくりフェア in 九州 

第49回 大阪ミシンショー 
関連記事

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  ToolsⅠ洋裁用具  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ロックミシンについて

もったいないかあさんv-290
早々にありがとうございます。

おっしゃる通りでして・・・
ニットや厚手の生地で、カットソーを作ろうと思うと、生地が伸びたり裁ち端はボロボロになり、厚みでゴワゴワとしてしまったりで、着心地も見栄えも悪い仕上がりになっています。

かがり縫いをするときは、糸の太さにも注意が必要なのですね。
知りませんでした。
ロックミシンですと、この辺りの悩みは解消できそうですね。

待ち針で刃も本体も傷めてしまう事がある・・・
そそっかしい私は、うっかりやりがちな事です。
特に注意しながら作業します。

もったいないかあさんに教えて頂いたアドバイスを参考に、
2本針4本糸のオーバーロック付きで差動送りの機能のついた物を検討したいと思います。

実は、我が家の家庭用コンピューターミシンには、アタッチメントがたくさん付属されていましたが、ボタンホール用ぐらいしか、ほとんど使用していません。
使用頻度は、かなり低いですね・・・

ロックミシンを購入しても、アタッチメントは追々増やしていく方向で考えてみます。

抽象的な質問に、丁寧なご返答ありがとうございました。
感謝致します。
これからも楽しく拝読させて頂きます♪
めめ | 2017年02月08日(水) URL | コメント編集

人によって必要なものは違うと思うんですね。
頻繁に使ってないとさび付いてしまったり、たくさん持っているとお掃除だけでもたいへんだったり。
昔のだと油差しなんかも必要なんで、直線縫いミシンも3本糸のロックミシンも30年近く、せっせと世話をしてやってます。
それではこれからお洋服作りがんばってくださいね。
カバーステッチについてへんな文章になっていたところ直しました。
今一度お読みいただけるといいのですが。
もったいないかあさん | 2017年02月08日(水) URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/3050-6dfde8be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters