All archives    Admin

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017'02.09 (Thu)

ミセスのスタイルブック 2017年 春号

ミセスのスタイルブック 2017年 03 月号

紀伊國屋書店→ミセスのスタイルブック (2017年3月号)

楽天ブックス→ミセスのスタイルブック 2017年 03月号 [雑誌]

226ページ
文化出版局 2017年2月10日:発売
日本語

今日は東京でも未明に雪が降ったようで寒いです。
でも、お店では1月から春物が売っていますね。
バーゲンでいろいろ買うより、まだ寒い時期で、品揃えが豊富なときにほんとに気に入ったものを選んで買う方が、長く着られたり、着回しできたりしますね。
たくさん持つより少数精鋭を選ぶなら、今の時期が狙い目でしょう。

年6冊出ていた頃は、早春号と春号があったので、寒い時期の春物とあったかい時期の春物が提案されてました。
いまは、春号でもノースリーブとか載ってます。
重ね着や冷暖房の完備で夏だからとか冬だからとかいう境目がなくなってきた気もします。

さて、春号というだけあって春らしく。

【More・・・】

一時期、ミセスのスタイルブックではコートもスーツも載ってない初心者のためのアイテムばかりだった時期がありましたが、いまは適度に中級以上の方が縫うようなデザインもところどころ載っています。
かんたんなゆとりの多い服も多数載ってますから、簡単に縫いたい方の要望にも応えてるのではないでしょうか。
私はゆとりの多い服の作り方にはあまり興味がないので、きっちりしたものが多い方がいいんですが。

実物大パターンは基本のワンピースから袖やシルエットに少し変化を加えて7つのワンピースを提案しています。
7~15号までの5サイズ展開。

特別付録は原型製図マスター講座。
原型の操作方法など基本ですが、学校で勉強してないとちょっとわからないかもしれないところが丁寧に書かれています。

たとえば、よく、「切り開く」という作業があるのですが、考え方を勉強するのに、はさみで切って開いて貼り付けて、と、いうのはよいのですが、実際にこれをするとゆがみ・ずれが生じます。
だから、別の紙に写すことでこの「切り開く」を正確に行います。
でも、切り開くということで、ほんとにはさみで切って貼っちゃうと思ってる方も多いのではないでしょうか。

ここではそんなきちんとしたやり方も書かれているので、丁寧に書かれていると思いました。

とは言っても、いろんなやり方があり、15ページ程度では書き尽くせないと思うので、初心者の方は今後もこのような特別付録などで製図を勉強されるとよいかと思います。

巻末にはパンツの前ファスナーあきのやり方が載っています。
失敗例も挙げてわかりやすいと思います。
縫ったことのない方にはむずかしいかと思いますけど、一度縫ったことのある方なら、すっと腑に落ちる解説かと思います。

ちょうど先日のロックミシンのお話、ベビーロック誕生50年記念企画というページで昔のロックミシンと新しい機種が紹介されています。
私のロックミシンは2台ともベビーロックです。

春はイベントもあるそうですよ。

第22回 手づくりフェア in 九州 

第49回 大阪ミシンショー 

そして、まだかなあと思っていた誌上・パターン塾 Vol.3 パンツ編は2月13日発売。
アマゾンでは早くも1位ですね。


紀伊國屋書店→文化出版局mookシリーズ誌上・パターン塾   3 パンツ編

楽天ブックス→誌上・パターン塾 Vol.3 パンツ編 [ 文化出版局 ]
関連記事

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  ミセスのスタイルブック  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

内容紹介ありがとうございます

はじめまして。
「文化ファッション講座」と「文化ファッション大系」の違いを調べていて、2010年の12月18日の穴かがりについてのお話のページにたどり着きました。おかげさまで、旧原型で紹介されている本がわかりました。

洋裁は中学校の家庭科で習って以来です。最初は市販の型紙で作っていましたが、体に合わないので修正方法を探すうち文化の原型のことを知りました。
「ミセスのスタイルブック」を買ったもののチンプンカンプンで、通信講座の受講を始めたところです。講座のテキストでもわからなくてネット検索したり参考になりそうな本を買うのが日常茶飯事になっています。

田舎のため「ミセスのスタイルブック」は書店に並んでおらず、取り寄せるしかありません。
届いてみたら現時点ではまるで役に立たなかったという号も少なくないので、このように紹介していただけると本当に助かります。
これで安心して注文できます。

また時々お邪魔します。
ありがとうございました。

50の手習い | 2017年02月11日(土) URL | コメント編集

50の手習いさん♪

コメントありがとうございます。
ミセスのスタイルブックは後ろの製図は先輩の先生方が出版局からの依頼で書いていまして勉強のため、学校で教えていたときか学生だったときからず~っと買い続けております。
昔は装苑でもたくさん製図は載ってたのですが、現在はパターンを起こすのに参考になる本や雑誌はあまりないので、応援のつもりで書いてます。
私の個人的な感想なので役に立たないかもしれませんが、書き続けますね。
もったいないかあさん | 2017年02月11日(土) URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/3051-3dc84cda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters