All archives    Admin

04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017'04.13 (Thu)

おとぎ話のクロスステッチ from Paris  5月発売

お待たせしておりました新刊です。
まだ出版社の方でもお知らせ出てませんが、GOサインが出ましたので、やっとお知らせできます。


紀伊國屋書店→おとぎ話のクロスステッチfromPari
楽天ブックス→おとぎ話のクロスステッチfrom Paris 270点のモチーフで楽しむノスタルジー [ ヴェロニク・アンジャンジェ ]

『フランスのクロスステッチ本に多い間違いは』(記事はこちら)で、ふれていた9冊目の本の話です。

グラフィック社さんから「おとぎ話のクロスステッチ from Paris 270点のモチーフで楽しむノスタルジー」という名前で発売になります。
フランスのクロスステッチ本『Fables, contes et comptines à broder au point de croix 』の日本語版です。

おとぎ話のクロスステッチ
5月10日と書いてありますけど、いつもと同じ感じなら、そのもう少し前に発売になると思います。
(5月12日追記:具体的な日付も聞いたので書いたわけですが、実際には遅くなってしまったようです。)

洋書の間違い探しについては以前にも書いたとおりですが、元の本は致命的な間違いではないものの、それがわからないとちょっと困るというものが多数ありました。
今回も半分を超えるページにそういうのが見つかりました。
チャートのページ全体の半分というのは、ちょっと多いようにも聞こえますが、そんなに驚いたことではありません。
(もっと多いのを知ってます・・・)
しかも、1ページに一つとは限りませんからね。

さらにいえば、間違ってはいないけどわかりにくい、というのもあります。
たとえば、フレンチノットの小さな○が薄い黄色なのか濃い方の黄色なのか、チャートの中の小さな○ですからわからないこともあります。
そういうのには私が希望を出すと、編集者さんが近い場所に[○729]のような数字を入れてくれます。

バックステッチもそうです。
色数が多いデザインは線になるとわからないときがあるので[-143]みたいに線の近くに入ってはいるのですが、ステッチしている人の気持ちで見て、わかりにくいとおもったところには入れてもらいました。

編集者さんから表紙の写真が届きました。
フランスの元本の表紙が、なんとなくだけどちょっと寂しげだったのに対して、春らしく、そして楽しい感じが出ていて、元本もすてきだけど、日本語版の方がもっとすてきに感じます。
関連記事

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/3089-991d7f29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters