All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017'05.30 (Tue)

高級衣料用洗剤 オブリージュ(Oblige)

今日はお洗濯の話。
うちでは5月の連休が終わるまでは外に洗濯物を干せません。
ヒノキ花粉が飛ばなくなって、梅雨に入る前の時期は冬から春物で洗いにくかった大きなもの、厚いものを洗うことも多いです。

ちょうど、冬物のお洗濯のことで聞かれたとき、セーターや、礼装用でなければ正絹の長襦袢も、自分で洗っちゃうという話になったことがありました。
そのとき、オレンジ洗剤の「ドライニング」や「海へ・・・」を使っているけど、「オブリージュ」は試してないなと思いましたので、おもいきって買ってみました。



これは、きものの定期刊行誌「七緒」などでも紹介されていて、そのうち使ってみようと思っていました。
が、やはり高くてなかなか買えないでいました。

商品というのは、むやみやたらに高いものもあるかもしれないけど、本を作るときなんかもそうですが、開発費みたいなものも含めてのお値段を考えるとそんなに高くなかったりするような気もします。
で、それがたくさん出回るようになると安くなっていくというものでしょう。

クリーニングに出しても溶剤で洗うから、脂汚れは落ちるけどさっぱりはしないというのを聞くこともあります。
かといって、絹の長襦袢を水洗いするのって、色落ちなどもあるし、むずかしいものです。
ほんとに縮んでもいいと思えるくらいのレベルので試すといいですね。

わたしは、「うそつき」の替え袖にでもしようと思って買ったリサイクルの長襦袢でまず試しました。
今は単衣の長襦袢を10月から5月まで着て、裏が付いている長襦袢ていうのはあまりないようなんですが、リサイクル店で見かけるときもあります。

裏が付いていると水を含んで袋みたいになるので洗いにくく、裏地があってちょっとアイロンかけにくいのだけど、単衣ならそれほどたいへんではないように思います。
それでも、裏が付いているものでも洗っちゃいました。

乾く前は裏地が縮んだ感じに(ふくろのように)なるのですが、乾ききる前に、例のユアサアイロン()で、浮かしながらかけたらしわも伸びて、表と裏のバランスも悪くならず大丈夫でした。
全体には少し縮むのですが、袖だけならなんとか自分で直してもいいわけですし。

丈は、このときのメモによりますと、50㎝の袖丈が49㎝になっていました。
もともとあつらえたわけではないので目的の寸法ではありませんから、ひとまず洗って縮んでから縫い直せば、たぶん、次に洗うときはそのままの寸法になることでしょう。

とにかく、さっぱり、きれいに、風合いは変わらず、むしろ、いい感じになりました。

残った洗剤液で、シルクのスカーフも洗いました。

1回分は5Lの水で10ml、3Lなら6ml使いますから、高くても270円以下です。
たいして苦労せずにさっぱり、傷みなく洗えるなら、なかなかよいかと思います。
120ml使い終わったら、たぶんリピートするとおもいます。

もうすぐ6月ですが、7月になって麻の長襦袢や小千谷縮を着るときは、麻ということで、ここまで上等な洗剤は必要ないと思うので、また、オレンジ洗剤などをつかうつもりです。



【More・・・】

ドライニング







海へ・・・





わたしは楽天ポイントを使おうと思って楽天の方のお店で買いましたが、Amazonでも扱いがあるようでした。


関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

 |  kimono 手入れ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/3108-785d5f77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters