FC2ブログ

All archives    Admin

10月≪ 2018年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2018'06.06 (Wed)

おとなの半幅帯結び スタイルブック

おとなの半幅帯結び スタイルブック 浴衣から付下げまで、手軽でお洒落な (付け下げ・色無地・小紋・紬に)


紀伊國屋書店→おとなの半幅帯結びスタイルブック―付け下げ・色無地・小紋・紬に

楽天ブックス→おとなの半幅帯結び スタイルブック 浴衣から付下げまで、手軽でお洒落な [ 弓岡 勝美 ]

128ページ
世界文化社 2016年12月6日:発売
弓岡 勝美 :著
日本語

半幅帯というとイチバンは浴衣でしょうが、近年、浴衣は着なくなってしまいました。
代わりに着るのは、小千谷縮で、つまり麻。

暑さに対して我慢強くないのですね、もともと。
麻を着てしまうと、綿の浴衣は暑く感じられてしまって、どうにも着る気にはなれないのです。

そんなわけで、夏は小千谷縮がほとんど。
正絹の紗もあるけど、麻には、涼しさで負ける気がします。

透けて見えるのがいやだから、濃い色だったり、柄物だったりで、地味なものばかりです。


そして、帯も暑いのが苦手で、麻の帯でもお太鼓にするのはや~めた、となって、半幅帯にしてしまうことが多いです。

そんなわけで、あらたにこの本を買いました。
iPadで見ることもあるけど、私は動画をみるより、本の方が好きなので。

半幅帯をしていいのはあまり格が上でない長着。
でも、この本では付下げにまで向く結び方まで載っています。
もちろん、色無地などにもということなのですが、紋が入ってなければ、結構いろんな場面で使えるということですね。

リサイクルなどでどうしても紋が付いている場合は、羽織で隠すという手もあります。
まあ、そうなると、帯結びも見えなくなりますので、帯締めをして前から見ると名古屋帯風なのもいいでしょうね。

以前にも書きましたが、八寸帯を解いて、半幅帯にしてしまったものもあります。
この本にはわりと長めのを使ってたりもするみたいなので、手持ちの八寸の名古屋をほどいたらけっこう長かったので、いいのではないかと。

肩が痛くて、後ろに手がいかなくなったのもあって、半幅帯は好きですね。

関連記事

テーマ : 着物 - ジャンル : 趣味・実用

 |  kimono 着物の本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/3295-497e88f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters