FC2ブログ

All archives    Admin

10月≪ 2018年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2018'06.28 (Thu)

つくりら 大人の家庭科「まつり縫い」と「すくい縫いミシン」の補足

つくりら 「大人の家庭科」お裁縫編、第3回は「まつり縫い」です。

つくりら 大人の家庭科 

まつり縫い 前編

facebook 

twitter 

生活の中で、手縫いでいちばん使うのは、じつは並縫いよりまつり縫いではないかと考えました。

裾上げのしかたもいろいろあります。
バイアステープでくるんでいるものは丁寧な仕立ての部類ですね。

簡単な縫いで仕上げる製品の裾上げは「すくい縫いミシン」で作られていることも多いです。
すくいミシン すくい縫いミシン ロックミシン 裾上げ

縦に割った縫い代の部分がロックミシンです。
裾をあげてある縫い代の端はロックミシンで縁かがりされたあと、すくい縫いミシンで裾上げされてます。

写真だと、ロックミシンの上に見える斜めに渡っている糸です。

これは1本の糸で縫ってあるので、どこかに引っかけたりして一部が引っぱられると、ぽろぽろとほつれてしまいます。
すくい縫いミシンは、専用のミシンで、
この部分を直すとしたら、普通は「奥を流しまつり」します。

「奥を流しまつりする」というのは、「奥まつり」でも「流しまつり」だけというわけでもないので、何がどう違うのか、なぜよいのか、などについて書いています。

奥を流しまつりできると、スカートやパンツの裾のほつれが直せます。

お直しに出すのは高いとおっしゃる方も多いですが、手間に対する対等な賃金であって、けっして高くはないと思うんですよね。
適した糸を選んで買ってくるくらいなら、直しに出しちゃった方が早い、とも考えられますが、そこは、人それぞれ。

出掛けた先でまつることもないかもしれないし、、毎日同じものを着るわけでなかったら直しに何日か出しておいても困ることはないと思うけど、自分で縫えたら、いいですよね。

そんなわけで、私はスラックスの裾など直してといわれること多いですので、そんな直線をまつるときに知っていると良いまつり方も載せておきました。

今すぐにでなくても、裾のまつりなどで困ったときにはサイトに行って、参考にしていただければとおもいます。


こういったことは、入門書の本ではあまり書かれていないと思います。
また、本格的な本になるとはしょられてしまう部分ですね。

刺しゅうの本でも、ほんとは知っておいた方が良いのに載ってなかったり、なぜそうするかまで書かれてなくて理解して会得することができないような本も多いです。

こちらの本↓はだれでもわかるよう、海外で翻訳されて出版されることも考えて図を描きました。

基本を知ってこその上達ということで、いろいろ詳しく書いていますので、お友達や夏休みのお子さんの作品制作にも役立てていただきたいと思います。


『はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎』
紙書籍版と電子書籍版


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]

関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

 |  つくりら  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/3305-3292fb25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters