FC2ブログ

All archives    Admin

10月≪ 2018年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2018'06.29 (Fri)

つくりら 大人の家庭科「まつり縫い」と「指ぬき」の補足

つくりら 大人の家庭科「まつり縫い」後編は「奥を流しまつり」する方法を二つ、「まつり縫い」と「三つ折りぐけ」の違いについて書いています。

つくりら 大人の家庭科「まつり縫い」後編

元になった記事はこちらで書いたものです。

動画も、慣れないもので、緊張しちゃってうまくできないんですが、各テーマ、動画も一つずつ入れていただくようなので、よろしかったら参考になさってください。

まえに指ぬきの話も書きましたが、ここで、まつり縫いや三つ折りぐけでは運針とはまた別の指ぬきを使っています。
みんな同じものを使っても良いんですけど、撮影のためにさらに種類もサイズもいろいろ自分で買って用意したので、せっかくだから、シンブル、指ぬき、そして指ぬきのはめ方、それぞれでいちばん使いいいものを使って撮影しています。

もちろん、別の使いいいもの手元にあるものでいいのですけど、今回はいろいろ使ってみました。
まつり縫いの場合はシンブルや、小さめの指ぬきを中指の先の方にはめる、とか、三つ折りぐけは和裁なので革の指ぬきを使うとか。


つくりらで、去年はおもに刺しゅうの道具や材料の話を書きました。
今年は「いまさら聞けない大人の家庭科」というコンセプトで書いています。

個人的には学校の家庭科では教えてもらえない家庭科と思って書いています。
学校では指ぬきは使わないで縫いますって言われたという話を聞いて、それでは、針を持つのもいやになるでしょう、というのが、書こうと思ったはじまりです。

自分では長年やっていて普通と思っていることも、あまりされたことがない方にとっては初めてのことが多いそうです。

「いまさら聞けない大人の家庭科」ということで聞いてみたいことがありましたら、「つくりら」のほうにでも、こちらのブログにでもコメントいただければ、テーマとして取りあげられることもあると思います。
すでに年内のテーマはほぼ決まっているので、すぐとはいきませんが、できるだけお答えできればと思います。


こちらの本も、それに近いでしょうか。
普通の基礎本には載っていない話や、こういう理由でこういう風にやった方が理にかなっている、長年の手芸本でそんなことになっちゃってるけど、じつはこう、みたいな話も載っています。

気持の中では、夏休みとか、小学生にもこの本を参考にしてもらって、刺しゅうが好きになってもらいたいです。
材料・道具選びから、保管方法、カスタマイズして使いやすくする方法などもありますよ。

『はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎』
紙書籍版と電子書籍版


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]


関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

 |  つくりら  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/3306-24754054
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters