FC2ブログ

All archives    Admin

10月≪ 2018年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2018'07.05 (Thu)

おすすめ クリスマスのデザイン(1)

クロスステッチでクリスマスの作品を作ろうという方は7月くらいに始められることが多いかな?と、漠然と思っています。
それは、統計を取ったわけではないけど、ステッチされる方のお話やブログなどで、何となく多いと感じるからです。

そんなわけで、クリスマスのデザイン、自分はやってられなそうだけど、どなたかぜひ刺してみてくださいっていいたい本がいろいろあるので紹介したいと思います。

私も日本語版の方で校閲の作業や作り方を書いているフランスのクロスステッチ本でも、毎回クリスマス柄は登場しています。

まずは2年前の今頃出た本。

パリのアトリエで綴るクロスステッチ 記事はこちら

↑アマゾン 

紀伊国屋書店→パリのアトリエで綴るクロスステッチ - 260点のモチーフで楽しむ季節の移ろい

楽天ブックス→パリのアトリエで綴るクロスステッチ [ ヴェロニク・アンジャンジェ ]

120ページ
グラフィック社 2016年6月7日:発売
ヴェロニク・アンジャンジェ :著
日本語

この本には裁縫用具を飾ったリースの中心にボタンなどを持った女の子が立っているデザインがあります。
リースに裁縫用具というところが、針仕事好きの方にはおすすめです。

ふつうにクリスマスっぽい色やパーツの付いたリースのデザインというのはよく見ますけど、ボタンや糸やピンクッションなんていうのは他ではあまり見たことがありませんね。

それに、女の子の雰囲気もかわいいです。

この本では、モチーフのデザインもあります。
本来のこの本にあったページでは、緑の眼のねこちゃんとか、クリスマス飾りとか、ほんとにかわいいのです。

もう一つはおまけページの方にスノードームのページが1ページあり、水彩画っぽいデザインですてきです。
ちいさなドームの中に風景が広がっています。


もちろん、クリスマス以外のページも針仕事好きにはどれもこれもツボな、Veronique Engingerさんのデザイン。
ほんとに大好きなデザインばかりです。


私がステッチイデーのお仕事をするようになって10年ほどになります。

最初はVeronique Engingerさんの洋書からのデザインを実際に刺して通販ページに載せる作品に仕上げることもしていました。
そんななかで、繊細なデザインをどう、糸で表現していくか、誌面に出してはずかしくないくらいきれいに刺すか試行錯誤してきました。

Veronique Engingerさんのデザインはただベタに刺していくデザインに比べるとむずかしいです。
それに、アイーダなどではなくリネンに刺していて、織り糸2本の間にバックステッチを入れるものもあり、とても繊細なデザインです。

このようなデザインをリネンにきれいに刺すときには、アイーダなどでは必要のないちょっとしたコツが必要です。
お好きなように刺していただいて結構ですけど、きれいに刺したい方はそのコツを知ってステッチすると出来上がりが断然違います。

クロスステッチのやり方について書いてある本はいろいろ出ていますが、きれいに刺すクロスステッチのやり方、コツ、とくにリネンにステッチする場合の注意点などはあまり見かけません。

そういうのもあって、ぜひ知っていただきたくて、こちらの本↓に書いておきました。
参考にしていただけると幸いです。

『はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎』
紙書籍版と電子書籍版


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]
関連記事

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/3312-10e3fc8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters