FC2ブログ

All archives    Admin

10月≪ 2018年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2018'07.15 (Sun)

ストックの糸の保管

本の刺しゅうの仕事でつかう刺しゅう糸はストックしている手持ちの糸を使うことが多いです。
布のほうは高価だったり、指定されることが多くて、提供されるほうが多いです。

刺しゅう糸はあらかじめ色が決まっていれば編集者さんにお願いしてメーカーからいただくこともあります。
でも自分でデザインするとき、刺しながら色を変えることもあったり、決めてから糸を送ってもらうのに時間がかかったりするので、自分で全色揃えて持っているとすぐ作業に取りかかれて早いのです。

仕事としてやってきた刺しゅうでは、たっぷり時間がある、というような仕事はあまりなく、とにもかくにも早さが大事。

だから、以前書いたように、DNCの糸のストック、カセの状態のものも結構買ってあり、光を避けて保管してあります。

どうやって保管していますか?と質問をいただきました。


たいした保管のしかたでもないのですが、変色しないように湿気や光を避けるため箱に入れ、箱の中でおよそ600本ほどのカセのままの状態の糸がすぐ取り出せるようにはしています。
DMC 刺しゅう糸 保管 束 カセ かせ 

在庫をチェックする表も作ってあって、それを見て、買い足してます。

やはり、先に切って三つ編みにしてファイルにしてあることで本の仕事のスピードに付いていけてると思います。
保管のしかたは私の本の方でも少し紹介しています。

この本で紹介するときにはスペースが足りなかったのですけど、全体像としてはこんな感じで全色をファイリングしています。

以前はクラフト紙の色のファイルを使っていたのですが、さすがに頻繁に使い過ぎでプラスチックのパーツが割れたりしてしまって、いまは青い市販のバインダーを使っています。
ファイル
『はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎』
紙書籍版と電子書籍版


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]


関連記事

テーマ : クロスステッチ - ジャンル : 趣味・実用

 |  刺しゅうの材料  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/3316-79489859
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters