FC2ブログ

All archives    Admin

10月≪ 2018年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2018'08.02 (Thu)

夏の和装の暑さ対策

暑い日ばかり続くので、暑い日は着られないなどと言っていたら、着物を着る機会がなくなる・・・
(先日の唯一涼しい日は台風でした)

ということで、用事もありましたので、着物を着て外を歩きました。
フライパンの上を歩く気分の日でしたが、身に着けるものはなるべく麻にして、出掛けました。
長着は小千谷縮、長襦袢は本麻。

綿のガーゼをバストのあたりにぐるぐると巻くと肌着を着なくてもいいって読んだので、やったことがあるのですが、暑く、その後、麻のガーゼを3メートルほど適当な幅に縫って巻いてます。


リネンガーゼといってもいろいろあるようですよ。



だから、お試ししつつ、ウェストに巻くものも麻に替えたいなと思っているところです。

そして、足袋は、やっぱり、麻。


草履の鼻緒が当たって痛いときがあるので、テーピングのテープを貼ってから足袋をはきました。
全然痛くなかったです。
絆創膏でもいいでしょうね。


意外な盲点は麻の伊達締め。
麻は表面の布であって、なかの芯はパネロン芯て書いてあって買ったあとで気がつきました。
これがあまり涼しくなく、正絹の博多織の伊達締めのほうが涼しいような気がしました。

暑いので紐類は極力はずした方が涼しいわけで、この時期はしなくてもいいかな?

あと、柔らかもの向きのメッシュのゴムの腰紐(腰骨にかかるところ用)は、着物がずり上がってきて絹の腰紐に戻しました。

それから、麻の楊柳のステテコは、まだ一度も着用してないので硬く、少し洗ってからにしようと思って、綿楊柳にしました。

帰ってきたら、衿だけ少し手洗いしたら、あとは浴室できものハンガーに吊して全体にシャワーをかけるという洗い方もありだそうですね。
私は、たたんで、ネットに入れて洗濯機の手洗いコースに。


どうしても出掛けなきゃいけないときは、麻の着物なら意外といけるんですよ。
暑くないんですか?って聞かれますけど、シャツクールをしなくてもいけちゃいました。
洋服だったらなかなかこうはいきません。

半幅帯と決めると背中も暑くないし、気軽に着られる気がします。

関連記事

テーマ : 着物 - ジャンル : 趣味・実用

 |  kimono 着付け  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/3327-a6c728c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters