FC2ブログ

All archives    Admin

10月≪ 2018年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2018'08.12 (Sun)

つくりら 読みもの 大人の家庭科 第5回 製図の道具(前編)

第4回は裁断ばさみやロータリーカッターとその使い方について書きました。

第5回は型紙を作るための製図用具です。
洋裁の本で、製図用具について、詳しく書いてある本はそんなに見かけないですね。

「線が引ければ使う道具は何でもいい、くらいに考えていては、いい型紙を作れない」というのを知っていただきたくて書きました。

それから、製図用具の筆記具は結構丈夫にできている上に、長時間使える書きやすさというのも伝えたかったことです。
父の時代の古い道具も現役ですし、結構使いやすいのでアップしています。

たとえば、父のドイツ製の芯研器は、日本のメーカーの名前とドイツのメーカーの名前が並んで書いてあり、裏には西ドイツ製って書いてあるんですよ。
いろんなメーカーの芯ホルダーに対応できるキャップが付いていてお気に入りなので、クランプは行方不明になっちゃってるけど載せました。

ミニテクニコ用の芯クリーナーは売っていますが、この古い芯研器のクリーナーは売ってないので、自分で作っています。
撮影用に新しくまた作ったのが真っ白に写っています。

それから、学研から出ていたノック式の芯ホルダーなども、芯ホルダーはほとんどがドロップ式なのでおもしろいと思って載せています。
昭和レトロな文具も意外と使い勝手がよかったりして、もし、そんな文具が実家の引き出しにあったりなんかしたら、ぜひ使ってみてください!という気持もあって書きました。

本当はもっと長かったのですが、いつもに比べても長くなりすぎたので、削ってしまったところもけっこうあり、またの機会がありましたら、書きたいと思います。

つくりら 読みもの 第5回 製図の道具(前編) 

つくりら 読みもの 

つくりら 

つくりら 大人の家庭科 

facebook 

twitter 

つくりらには、通り一遍の説明で済ましたくはなく、かといって、読者が引いちゃうようなところまでマニアックに書くのも困るので、ほどほどのところで、書いてるつもりです。
ただ、今回は文房具のあたりの話も含まれるので、好きですからね、つい、いろいろ書いてしまいました。


こちらの本↓もはじめての方から、ちょっと深く知りたい方にも読んでいただけるようなコツや他の本には載ってない工夫なども載せています。

昨年のつくりらの記事もあわせて読んでいただけると、材料や道具など本に載せきれなかったものまで見られて参考していただけるかと思います。

『はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎』
紙書籍版と電子書籍版


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]

以下、掲載の商品です。
私のものは古いのもあるので、そのものではないこともあります。
名称など確認のため、一つずつ調べたのですが、ほんとに細かいものがたくさんありますよね。

これでまだ前編なのです。

【More・・・】

                       
関連記事

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  つくりら  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/3336-0a1a5b81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters