FC2ブログ

All archives    Admin

10月≪ 2018年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2018'10.04 (Thu)

つくりら 読みもの 大人の家庭科 第6回 しつけ糸としつけの方法(前編)

つくりら 読みもの 今年度のテーマ 大人の家庭科 第6回はしつけの話です。


つくりら 読みもの 第6回 しつけ糸としつけの方法 (前編) 

facebook 

twitter 


つくりら 大人の家庭科 

つくりら 読みもの 

つくりら 

洋裁ではいつも縫いしろ付きパターンとステッチ定規で縫ってしまうので、しつけをして布を合わせておいてミシンをかけるということはまずしません。
でも、仮縫いや高級素材を縫うときや和裁のときもしつけはします。

しつけ糸は種類がたくさんあるわけではありませんが、目的に応じて使い分けます。

しつけ糸で色の付いたいろもを持ってらっしゃる方が意外と多いのですよね。
色の付いたしつけ糸は私は教えるため、撮影するために針目を目立たせるとかはあっても、普段の縫製で使うことはまずありません。

まだ、洋裁を習い始めたばかりの頃、オフホワイトのウールでワンピースを作るのに、実物の布で仮縫いをしたことがありました。
切りじつけをしてみると、白もとほとんど同じ色なのでよくわからなかったので、薄いピンクのしつけ糸=いろもを買って切りじつけをしたことがあります。

担任の先生は、点検の際に「きれいに切りじつけできたわね。」と言ってくださったのですが、なんだかいつもと違うのです。

仮縫いが終わって、ミシンで縫ってみて気づいたのは、いろもの毛羽が残る、ということでした。
先生は、このことを、暗におっしゃってたのですね。
いろもでなんか切りじつけしたら、縫い目がうっすらピンクになってしまう、という失敗でした。

だから、私の持っているいろもは、撮影や教えるときのためだけに持っているのです。
きれいな色でもしろもさえあればたいてい事足りるので、なにかどうしても必要になったら色の付いたしつけ糸を買えばいいんじゃないかと思って、コラムを書きました。

あと、私では撮影できない、手縫いの木綿糸としつけ糸各種、つまり、「しろも、しろもチーズ巻き、綿しつけ糸カード巻き、ガスしつけ、絹しつけ糸(カード)、絹しつけ糸(スプール)」と、しつけ糸というわけではないけど、絹しつけ糸と同じにぞべ糸と呼ばれる「日本刺繍のぞべ糸」もいっしょに写真を撮っていただいてます。

ボール紙で枠を作って、糸をそれぞれ貼って糸の違いがわかるようにしてみました。


それから、和裁の方では取らなくてはいけないしつけと、取ってはいけないしつけがあることを書きたかったので、触れています。
さらに言えば、下前の見えないから取らなくてもいいしつけなどもありますね。

自分の縮緬の黒留め袖の「取ってはいけないしつけ」の写真を撮りました。
後編に出てきます。
縮緬のような生地に施す「ぐし」や「ぞべ」とよばれるもので、絹しつけ糸で縫ってあって目立つのですが、取らないものです。

この黒留め袖の「取ってしまうしつけ」は着たことがあるので、すでに取ってしまってありました。
他の着物でしつけを写そうかと思ったんですけど、この黒留め袖だけでもすごく重いので、別の着物は持参せず、「下前だから取らなくてもいいしつけ」の部分が残っていたので、そこを撮りました。


そんなふうに、今回も本には載ってないようなちょっと細かい、普通は気にしないような部分についても書いています。

こちらの本↓もそうでしたが、そういう、普通気にしないで何気なく通り過ぎてしまう事柄が、読んでいておもしろいんじゃないかと思っていつも原稿を書いています。

『はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎』
紙書籍版と電子書籍版


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]


今回のステッチイデーのレッスンページの撮影でもしつけ糸はしろもも、いろもも、どちらも使いましたよ。
縫い目が見やすくなっていると思います。

10月11日発売です。


紀伊國屋書店→ステッチイデー 〈vol.28〉

楽天ブックス→ステッチイデーvol.28 (Heart Warming Life Series)

関連記事

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  つくりら  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/3355-7da2e6c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters