FC2ブログ

All archives    Admin

10月≪ 2018年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2018'11.02 (Fri)

パール風の頭の待ち針

つくりら 読みもの 今年度のテーマ 大人の家庭科 第6回は待ち針とクリップの話です。

つくりら 読みもの 大人の家庭科 第7回 待ち針とクリップ(前編) 

つくりらの撮影では私物を使います。
足りなきゃ、買い集めます。
毎回、撮影のためだけに買ってしまったものもあって、けっこう、無駄遣いしてるかもしれません。

でも、自分で使い比べることも大事です。
提供されたものなどですと、やっぱり、その商品をよく書こうという気が起きてしまいます。

だからこそ、本も道具も自分でお金を出して買うのがいちばんいいです。

さて、今回、自分では使わないものも比較のために撮影しなくてはいけませんでした。
その一つがパール待ち針です。

アイロンが当たったら溶けてしまうことと、ミシンなどの時に使う場合は、ちょっと頭部分が大きい気がするのです。
だから、今後使う気はあまりなく、わたしの母や義母の針刺しから曲がってないものを探してもらいました。
パール待ち針 ビーズ付きピン ニット用待ち針

結構、一般的に使われてる待ち針ですから、紹介しないのはちょっと・・・。
パール風のやさしい輝きとかわいい色合い、安価で、比較的どこでも手に入ります。

私は洋裁の勉強をし始めたときから、ガラスの頭の待ち針を使っています。
長さは28ミリ、太さは0.5ミリ。

赤白待ち針という名前です。

少し前、刺しゅうのお教室で待ち針をお貸ししたことがありました。
私のお教室では、針は各自はじめる前に数えるようになっているので、私の針刺しにも最初あった数だけの針が戻っていました。

でも、つまみ上げて使ってみると、何か変。
太さはつまんでみると、0.5ミリに違いないようでしたが、打つときに長いと感じました。
36ミリ。
それはサイズからすると、パッチワーク用の待ち針(耐熱ガラス玉パッチワーク用待針 )か、別のメーカーのシルク針だったようです。
生徒さんのと混じってしまったようでした。




28ミリを使い慣れていると、ミシンの時、長いとちょっとだけですが、邪魔な感じがするんですね。

道具ですから、使いこなせばなんでもいいんですけど、それぞれに目的があって理由があってその長さだったり、太さだったり、形状だったりします。

お値段は針の品質に比例するのではないかと思います。
以前、透明な針ケースがほしくて、100円ショップで針セットを買ったら、穴のない縫い針も入ってました。

そんなですから、表面もなめらかでなかったりするかもしれません。
そのような品質の悪い針で生地を傷めてしまったりすることこそ損ですから、針はよいものを、待ち針もたしかなものを使った方がいいのではないかと思ってます。

つくりら 読みもの 大人の家庭科 第7回 待ち針とクリップ(後編) 

facebook (後編)

twitter (後編)


つくりら 大人の家庭科 

つくりら 読みもの 

つくりら 




こちらも引き続きよろしくお願いします。

『はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎』
紙書籍版と電子書籍版


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]



関連記事

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  つくりら  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/3368-bf46e8c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters