fc2ブログ

All archives    Admin

03月≪ 2024年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2022'08.12 (Fri)

うさぎのルナのワードローブ~白い丸衿のワンピース

本ではポルカドットワンピースとなっています。

P>52に誤記がありますが、「ソファ本体と座面下を縫い合わせる」は「ポケット口の両端を縫う」としてください。
どういうわけか、別のページの一文が入ってしまったようです。
明らかな誤記で、申し訳ありませんでした。
(作り方としてご迷惑のかからなくて済むような文面だったのがせめてもの救いといいますか・・・)


私の試作は水玉の生地ではないので、白いラウンドカラーのワンピースとします。
うさぎのルナのワードローブ ワンピース

これ、パジャマの布と同じで、娘と姪のワンピースを縫ったときの残りの布です。
ほんとに白い丸衿を付けて作ったので、ほぼ同じ印象の服が出来上がりました。
違うところはラグラン袖でしょうか。

この本にはワンピースは2種類載っていて、一つはセットインスリーブ、こちらはラグランスリーブです。
ラグラン袖なので、作るのも、着せるのも、楽だと思います。

本の方は山道テープの飾りがついていて、その色と水玉生地の色がとても合っていて、ルナによく似合っているワンピースとなっています。

原著ではこちらの型紙を含め、一部のアイテム以外はほとんど布目線が入ってなかったので、日本語版ではほとんどのものに入れておきました。
(レースだけはレースの端に合わせるという文言が入っているのでやめておきました。)
裁ち合わせ図もついているのでなくても何とかなるとは思ったんですが、型紙を置くのに上から下まで布目が入っていてくれないと、ゆがんで置くことになりかねません。

特にこの丸衿、型紙にも布目線がありません。
裁ち合わせ図もありません。
となると、一番無駄のないように布を置いて裁断すると思うんです。
それは長い方向で並べて4枚、とかになるかとおもいます。

でも、丸衿の場合、サイドネックポイントあたりでバイアスになるようにパターンが作られるのが一般的です。
この衿は左右に分かれていますが、後ろ中心がつながっていると考えると、後ろ中心に布目が通るので、サイドネックポイントあたりは布目がバイアスになり、きれいに衿が付きます。

長い方向で並べて4枚に取ってしまうと、サイドネックポイントでは布目が縦、または横になってしまって、つっぱったような衿つけになってしまいます。
だから、ここは特に布目線を入れておくことは大事ですね。

あと、前身頃のタックを寄せる部分に関しては、文章のみで、いったいどうタックをたたむのか、パターンにもタックの向きの指示が書かれてませんでした。
新しく図を入れることはできないので、タックの断面図を加えることで、どうたたむかを伝えることができました。

他の図もそうですが、原著にはこのパーツは「前身頃(表面)」みたいなことが全く図に入っていなかったので、ほとんどの図に書き込みました。
とくにこのポルカドットワンピースでは前身頃、左右のラグラン袖など縫い合わせた状態になった時、パーツの形は似ているし、縫い合わせることで形が変わったりしたところが描かれています。
名称を入れたという点は原著より確実にわかりやすくなったと思います。

衿付けの仕様についてはバイアステープでくるんだ丁寧なつくりになってます。
ただ、衿の作り方についてはあっさり書かれていました。

ほんとは裏衿を控えたり、ただ表に返すのではなく、表に返す前に表衿側に縫い代を倒して、など、ひと手間加えるともっときれいにできる、というのを書きたかったですが、ここは原著に従い、そのまま書いておきました。
カーブがきついので、余分な縫い代は整理して(切り落として)おくときれいな衿になります。

左の衿はきれいに返りましたが、右の衿はちょっと角ばってしまったのはアイロンに失敗したせいで、ちょっと失敗。
原稿を書かなきゃいけなくてやり直している時間がなく、とにかく、縫い方があってるかどうかチェックしてさっと作り上げました。

裾も衿ぐりと同じようにバイアステープで仕上げている丁寧なつくりです。
これもまた人間の服にも応用できます。



2022年8月8日発売
サラ・ピール:著
144ページ
日本語


紀伊国屋書店→きせかえぬいぐるみ うさぎのルナのワードローブ

楽天ブックス→うさぎのルナのワードローブ きせかえぬいぐるみ [ サラ・ピール ]











こちらの本もどうぞよろしくお願いします。

刺しゅうの基礎
紙書籍版と電子書籍版


紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎
電子書籍はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 - 本編

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]

セブンネットショッピングはじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎 

関連記事

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

09:53  |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

初心者なのですが…

はじめまして。よくブログを拝見しています。私はクロスステッチはするのですが、洋裁はしたことはありません。ミシンはあります。こんな初心者でも、うさちゃんと洋服を作ることができるようなレベルの本でしょうか?
AYU | 2022年08月13日(土) 13:22 | URL | コメント編集

Re: 初心者なのですが…

難しくないと言ったらうそになりますが、初心者のかたでも作れるよう考えられて書かれています。
レベルに関しては、この本では人参1本~3本で表示されています。
アームチェアは結構難しくて、男の子のシャツやケープが人参3本です。
コートやパジャマ、ワンピース、ボレロ、ブーツは2本。
うさぎのルナ本体や、スカート、靴などは1本で割と簡単だということです。
うさぎ本体はほぼ手縫いなので、どなたでも作れるでしょう。
ミシンに関しては、ミシンでと書かれていたところで、手で縫ってもけっこうですし、ニンジン1本から始めればよいとおもいます。
作れるかどうかより、作ってみたいという気持ちでウサギ本体から縫ってみるのがよいと思います。
インスタグラムでイギリスの方の作品を見てみると、楽しんで作ってらっしゃるなと感じます。

もったいないかあさん | 2022年08月13日(土) 15:01 | URL | コメント編集

こんにちは。

洋裁のプロならではのこだわりが随所に感じられて、この本を購入された方は、もったいないかあさんのブログをひと通り読まれると、完成度高く作れそうですね♪( *´艸`)
難易度が人参であらわされているなんて、遊び心があっていいですね。
あんこ | 2022年08月16日(火) 14:16 | URL | コメント編集

あんこさん♪

日本の人形・ぬいぐるみの本て、小さくてかわいいのが多いので、こんな感じのちょっと大人かわいい系の本が紹介できたのはよかったと思います。
せっかく作るなら、できる範囲で楽にきれいに作れた方がいいのでいろいろ考えてみました。

人参の難易度はすばらしいアイデアだと思いました。
読者の皆さんには人参3個でもじっくり取り組んで仕上げていただきたいです。
もったいないかあさん | 2022年08月17日(水) 09:28 | URL | コメント編集

ありがとうございます

本体のうさぎさんが人参1、なんですね。そこからくじけそうだと思っていたので、何だか作りたくなってきました! ありがとうございますm(_ _)m
AYU | 2022年08月17日(水) 20:46 | URL | コメント編集

Re: ありがとうございます

ルナの本体だけでも作ってみることをおすすめします。
靴もけっこう簡単ですよ。
もったいないかあさん | 2022年08月18日(木) 14:28 | URL | コメント編集

本購入しました

素敵な本ありがとうございました、早速購入しました、ゆっくり拝見します、楽しみです。
何を着せようかとワクワクします、子供の頃の友禅でお着物もどうかなと、まだ本体もできないのに嬉しくなります、感謝感謝です
ミノママ | 2022年08月18日(木) 23:08 | URL | コメント編集

Re: 本購入しました

ご購入いただいたのですね、ありがとうございます。
イギリスの本なので着物は載ってないので、私も作りたいと思っていました。
ルナには渋めの小紋の洗い張りを用意しました。
ただし、いつできあがるか。
来年はうさぎ年なので、お正月の写真にもよいですね。
もったいないかあさん | 2022年08月19日(金) 11:01 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/3908-cd3a1b0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |