fc2ブログ

All archives    Admin

01月≪ 2024年02月 ≫03月

1234567891011121314151617181920212223242526272829

2023'11.27 (Mon)

ステッチイデーvol.41 予約始まってます

約束の提出日ということで、したくはないけど寝る時間を減らしてまで間に合わせようとがんばっていたのに、義母が前日になって急に友人を家に呼ぶと言い、資料やミシンを持ち込んでいたリビングを片付けなくてはいけなくなりました。

ケアマネージャーさんも月に1回は訪問するので、まあ、誰も人が来ないということはないんだけど、明るく暖かいリビングを仕事場にすると、こんなときにあわててしまいます。
どんな忙しいときでも片付けと掃除は大事ですね。

さて、ステッチイデーVol.41予約が始まっています。
12月11日発売予定です。(←1が抜けていました。ご迷惑をおかけしたかもしれません。申し訳ありませんでした)


楽天ブックス→ステッチイデー vol.41 特別号

紀伊国屋書店→Heart Warming Life S ステッチイデー 41

Amazon→ステッチイデーvol.41 (Heart Warming Life Series) ムック

アマゾンの5枚の写真の真ん中のニコルさんのエッフェル塔とみつごちゃん、これをまたクロスステッチにしてみました。
これはほんとにたいへんでした。

大きいサイズなら割とはやく作れるんですけど、誌面に収まるサイズにするには細かいのはとても難しいです。
大きければ、クロスステッチで済むところを、小さいサイズだとバックステッチになってしまいますからね。
バックステッチが多いとやる気半減ですし、適当に端折りつつ、原画に近いものにするのはほんとに大変です。

チャートに起こして、試しながら刺していくと2か月近くかかっちゃいます。

ニコルさんはお会いした時、写真をお見せしたら喜んでいらしたので、読者の方にも気に入っていただけるとうれしいです。

アマゾンでアップされている、他の写真の作品もかわいくて、発売になるのが楽しみです。

こちら↓、もうすぐ発売から6年になります。
急に車いすを使うことになった義母の世話をしなければならず、締め切り迫る中、徹夜で仕上げた表紙を見るたび、あの時はほんとに大変だったとあらためて思い出します。

みつごちゃん刺すのはリネンですし、結構細かくてやりがいがありますよ。
リネンの場合、どうすればきれいな目に刺せるかというのはけっこう難しいと思います。
そんなリネンへの刺し方については、こちら↓の本にくわしく書いておきました。

今回も1 over 1が少し使われていますので、こちらの本↓を参考にしていただければと思います。

刺しゅうの基礎
紙書籍版と電子書籍版

楽天ブックス→はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 [ 安田 由美子 ]
          はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎【電子書籍】[ 安田由美子 ]

Amazon→刺しゅうの基礎

紀伊國屋書店→はじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎
         電子書籍はじめてでもきれいに刺せる 刺しゅうの基礎 - 本編

セブンネットショッピングはじめてでもきれいに刺せる刺しゅうの基礎 
関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話 - ジャンル : 趣味・実用

08:50  |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

こんにちは。

エッフェル塔をエッフェル塔らしく表現するのも難しそうです。
自分の都合だけで仕事を進められないのは、なかなかつらいですね。
そんなたくさんの「ままならないこと」を乗り越えて完成された今回の作品も楽しみにしています♪
あんこ | 2023年11月27日(月) 11:02 | URL | コメント編集

あんこさん♪

自分で言うのもなんですが、がんばったと思います。
クリスマスのよりは刺す数は少ないですが、むずかしく感じました。
できるなら、もっと大きい作品に仕立てられれば思っているのに近いのが出来上がると思うんですよ。
小さく、それらしくチャートを起こすのがこんなに難しいかと実感しました。
もったいないかあさん | 2023年11月28日(火) 16:48 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/4040-4f2d3b88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |