fc2ブログ

All archives    Admin

03月≪ 2024年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2024'01.02 (Tue)

2024年元旦のおせち

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

元日から大きな地震と津波、被害にあわれた方、避難されてる方にはお見舞い申し上げます。

毎日、湯船に首までつかるとき、ここ10年そのたびに思い出すことがあります。
東日本大震災の時、3月、お湯は出ないけど久しぶりに水でシャンプーしてもらって気持ちよかったというブログを書いていらした話。
だから、今日もお風呂に入ることができた、普通にお湯でシャンプーしてる、ありがたいことだと。

買い物をしてても、いま地震が起きたらどっちが非常口かなと思いながら歩いたりしてるんだけど、なんとなく、昨日はそういった気も緩んでいました。
自然には人間の都合やカレンダーなんて関係ないのはわかっていることなのに、自分の中でやはりどこか、まさか、今日はないよねという気持ちがあったように思います。

日本にいる限り、どこに住んでいても地震からは逃げられないわけで、年の初めに防災をもういちど考えようと思いました。


そして、今年もブログの最初はおせちの記録です。

いつもの飾り切りだけがんばるお煮しめ。
今年は漆塗りの丸いお重箱を入手。
丸いところへ盛るのもよかろうと。

出汁をきかせて、薄味なので、伊達巻きでもなんでもお醤油をつけて食べる義母には物足りないらしいです。
2024年令和6年正月 おせち
伊達巻き、金ごまいわし、ホタテとごぼうの甘辛煮。
たらこの昆布巻き、きんぴらごぼうの代わりに味をつけたゴボウを揚げたもの、串焼きのエビやフナなど。
2024年令和6年正月 おせち
インゲンがなかったので人参だけの巻いた鶏の焼き物、テリーヌみたいな形のもの、ロースハム。
かまぼこといくらと数の子。

義母が歯が悪くて肉、いくら、かずのこが好きなので、この段はほぼ義母のため。
軟らかめに煮てもお煮しめは手を付けないこともあるので、この段を多め。

2024年令和6年正月 おせち
田作り、小布施の栗かのこ、紫芋と紅あずまの小さく切って揚げて水あめをからめた大学芋のようなもの。
田作りは生のいわし、ごまめから作っていましたが、今年は食べる煮干しで作りました。
ちょっとマイルド田作りってところです。
朱塗りのお皿は漆塗りで、これも木曽漆器です。
2024年令和6年正月 おせち
そして紅白なますは久々登場のゆずの形の入れ物に。
2024年令和6年正月 おせち
お雑煮はリクエストにより、第1弾は芋がら(ずいき)入り。
このあと、第2段は白みそ仕立ての予定です。
器は、今年は新しく、木曽漆器らしいです。
2024年令和6年正月 おせち

写真はありませんが、いつものようにお汁粉も作りました。
毎年、減らしていく方向で、今年のお正月のおせちは黒豆をあきらめました。


ところで、漆器と言えば輪島塗。
まだ詳しい被害が明らかになってきていませんが、素晴らしい伝統にも少なからず被害があったのではと心配しています。

漆の器でお雑煮をいただきながら、いつものようにおせちをいただけるありがたさを感じ、伝統産業の復興も応援していかなくてはと思いました。


関連記事

テーマ : 料理 - ジャンル : 趣味・実用

15:12  |  料理  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/4051-f42e255e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |