All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2008'09.23 (Tue)

手首にはめるピンクッション

針のためにいいピンクッションというのを前に書きました。

中の綿も針によいもの。

ただ、縫って、
ポリエステルの綿をつめた針刺しというものは
あまり持たないようにしています。

ある本で余り布でピンクッションを作って
人にあげると喜ばれる…とか、
バザーでペットボトルの蓋を利用してピンクッション…
とか聞くのですが、
針を大事にすることを考えると
う~ん、と思ってしまいます。

そこで作ったのはこちら
手にはめるピンクッション


【More・・・】

これも以前にも書きましたが
また髪の毛が伸びたので切って
また針刺しを作りました。



“いずれはもう1本フルートを買う”と決めて
美容院代を節約しはじめたのはずいぶん前。

もう15年近くも美容院に行ってないのですが、
フルートを前倒しして買ってしまったけれども
まだこの先何年も行かれないという計算です。

そんなわけで、
着物を着るときも髪をまとめるために
髪の毛はストレートで伸ばしています。

毛先も傷んできたので、思い切って切りました。

だんなさんや娘の髪のカットは毎月のようにしていますが、
私の場合は
できるだけ長くしてまとめ髪にしておきたいと伸ばしていたら
なんだかとっても長くなっていました。

きれいにシャンプーしてからカットです。



さてこの髪の毛を
前に使って残っていた
娘のウール100%のカーディガンをフェルト化させたもの…に
つめました。

他人の髪の毛だと気持ち悪いとか思うかもしれませんけど
自分のなので大丈夫なんですが、
写真にして載せると気持ち悪いと思われるかもしれないので
つめたところを載せたいと思います。

(あとで書きますが
市販のピンクッションから髪の毛が出てきたときは
正直、びっくりしましたから)



髪の毛が飛び出さないように
三重にしました。

一番おもてにはYの文字を刺繍。

レース編みの穴を避けて
たてよこ10目程度のメリヤス編みの部分に
クロスステッチを
アップルトン・クルウェルウール2本取りで刺しています。


腕にはめるピンクッションといえば、
どちらかというと洋裁用のものですが、
立体裁断などには欠かせません。

こちらは学生時代に使っていたもの。
手首にはめるピンクッション2

中身は人毛で、ここから髪の毛が出てきて、
びっくりして先生にお聞きしたら
人の毛は針刺しにとてもよいのだと教えていただきました。

ウールなどのほうが材料としては手に入りやすいのに
わざわざ髪の毛を入れてあるわけですから、
人の髪の毛のほうがさくっと刺しやすいんだろうと思います。

こちら、
教材で買ったので品質は折り紙つきでも
見た目に関しては
腕にはめるのにおしゃれ感とかまったくなく
黒の平ゴムが使われています。


こちらはもう少し小ぶりの針刺しがいいなと
買ってみたものです。

手首にはめるピンクッション1

ミシンにもつけられて、
小さい分、針も埋まってしまわずに使いよいですが、
先の丸い針は刺しにくい表地を使っています。

(洋裁用ですからそれでいいのですが、
毛糸針とかとても刺しにくく、
刺せても大きな穴が残ります。)

便利なのは
ミシンにはがっちりはめられることです。

でも、手にはめていると
骨に当たる部分は痛くなるし
手首にあとがつきます。

ばねのような感じで手首に挟みますが、
はめているにはゴムのほうが良いです。



両方とも裏に針が通ってしまわないように
しっかりと台が入っています。

これをまねして
自分で作るのには
抹茶の缶の蓋を利用しました。

別に何の蓋でも
蓋でなく皿状のものでもいいんですが、
すっと角が直角に立っていて
ふちがきれいでいいかなというのと
大きさの点でよかったのです。

手にはめるピンクッション
右は2枚目でくるんだところ。
 真ん中に黒く見えるのが髪の毛なんです。



手首はレースゴムが余っていたので
それを付けてみました。

まえに、娘の下着とか作っていたときに
襟ぐりに使っていたものの残りです。


最初、幅広の平ゴムを麻でくるんで付けてみたのですが、
しっかりしすぎていて
邪魔な感じがするのと
机に置いたときに傾くので
レースゴムにしたわけです。

おまけに強いゴムなので
手首でくるくる回らないようにすると
はめるときには少々きつくてはめにくい感じがしました。

レースゴムだと
手首にも負担がなくてよいです。


あ、
この麻でくるんでみたものですが、
せっかくなので、
今度はもう少し小さいピンクッションを作ったときに
使ってみようかなと思いました。

無駄にはしません…。



針がもぐりこんでしまってどうしようもなかったら
分解して取り出せるよう
レースで隠して糸で留めています。

ボンドやグルーガンでくっつけちゃえば早いけど
はずしたくなるときが来るかもしれませんから
糸で土台と本体を留めています。

土台が硬いので上から押せば出てくるでしょうが、
一応先のことを考えてのつくりにしています。


追記:

洋裁の用具のくわしいことに関しては
いろいろな本が出ていると思いますが
こちらが間違いないと思います。

服飾造形の基礎

文化ファッション大系 服飾造形講座〈1〉服飾造形の基礎
関連記事

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

 |  ToolsⅠ洋裁用具  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

タイムリー!

ちくちく作業するときに、いちいちピンクッションに抜いた待ち針や縫い針を戻すのがめんどうで、腕に付けるピンクッションを作ろうと思っていたのです(^^)
普通の化繊綿はよくないと聞くので羊毛か毛糸にしようか迷っていました。人毛がいいんですね。
でも、私の髪は太くてツンツンしているのでフェルトを突き破って外に出てしまうかも(^^;)
あと、針が埋もれてしまわないためには缶のフタがいいんですね!ゴミの分別でけっこうたまってくるし一石二鳥かも♪
りーこ | 2008年09月23日(火) URL | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2008年09月23日(火)  | コメント編集

りーこさん♪

洋裁では腕にはめてやることが多いですよね。
立体裁断とか仮縫いとか、ミシンに移動するときもはめていると便利です。
羊毛や毛糸(ウール100%)でもよいと洋裁の教科書にも書いてありますよ。
もし髪の毛が硬いようでしたら、ストッキングに包んでからくるむと少しはよいのではないでしょうか。
私の髪は細くて少ないのですが、以前に作ったのはストッキングにくるんでからさらに二重にくるみました。
長いのをクルクルと巻いてあるので、あまり飛び出す感じはないです。
もったいないかあさん | 2008年09月24日(水) URL | コメント編集

早速遊びにきました。
しかもびっくり!髪の毛を入れたピンクッションって。
針にはいいんですね~。詰め物=綿って感じですが、初めて聞いた話にびっくりです。勉強になります。
ピンクッションいいですね。いちいち針山に刺すのは面倒です。
かん | 2008年09月25日(木) URL | コメント編集

かんさん♪

私も髪の毛が出てきたときにはほんとにびっくりしたんですが、洋裁の先生が親切に教えてくださいました。
業務用とはいわないけどプロが使うピンクッションでしたから、ウールよりもいいものを使っていたのかなと今思います。
もちろん髪の毛でなくてもウールでもいいんですよ。
100%ウールの毛糸のあまりなんかを使うと無駄がなくてよいと思います。
もったいないかあさん | 2008年09月25日(木) URL | コメント編集

はじめまして

こんにちは。
少し前からこちらには来ていたのですが、初コメントさせていただきます。よろしくお願いします。
私が使っていた裁縫箱(学校教材で買いました)の中の針刺しから毛が出てきて仰天したのは小学生の頃。母や祖母に聞いたら「多分髪の毛じゃないの?」と言われさらにびっくり!祖母が和裁をしていた事があるらしく、その時初めて祖母から針刺しに髪の毛を使うといいのよ、と聞きました。
この針刺し、結構重宝したので表面の布が穴だらけになりましたが、フェルトで上からカバーをしてボタンホールステッチで綴じて…今も現役です。この針刺しに刺した針はなぜか錆びないんですよね…。針を休ませる時はこの針刺しに限ると思ってます。
実は他にもピンクッションはありますが、裁縫に使うときだけの一時的な針休めとしてしか使ってないんです…。
タピアン | 2008年10月04日(土) URL | コメント編集

タピアンさん♪

コメントありがとうございます。
おばあさまのお話からも、タピアンさんの過去の経験からもやはりよいわけですね。
私の、立体裁断でよく使っていたものは穴で表面が汚くなりましたけど私も修繕してみようかなと思います。
そう思うと、なにでくるもうかな…と楽しくなってきました。
もったいないかあさん | 2008年10月05日(日) URL | コメント編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2011年11月17日(木)  | コメント編集

かぎコメさん♪

コメントありがとうございます。

イチゴの針磨き、記事にしてなかったようですね。
20年ほど前に2個買ってずっと使ってます。
また、記事書きたいと思います。
もったいないかあさん | 2011年11月17日(木) URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/437-e804e1e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters