All archives    Admin

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2015'03.04 (Wed)

手編みのニット帽子

寒いとき、手足が冷えるときはどうするか…

以前なら、温かいものを飲んだり、何かで温めようとか、おこたつに入ってしまおうかと思っていたのですけど、近頃は、「じゃあ、ちょっと歩いてこようか」と外に出ることもあります。
とはいっても、ただのお散歩というのは私にはできない…
買い物でも何でも目的がないと歩きはしない。

ま、そんなで、外に出るわけですが、いきなり寒いところに出ると体もびっくりするので、玄関のドアを開ける前にちゃんと手袋やマフラーをして出ます。
あ、そのまえに、日焼け止めね。
冬の紫外線はついうっかり塗るのを忘れてしまうから気をつけます。

それで、頭も寒いからやっぱり帽子が必要。
布帛のものはいくつか持ってるけど編んだものは持ってなくて、この本を見たとき、いいなと思う作品がいくつもあったので買いました。
一つか二つくらいしか、作りたいのがないなって思う本(あくまでも私がそう感じるということです)もけっこうあるので。


紀伊國屋書店→手編みのニット帽子

楽天ブックス→手編みのニット帽子 [ 文化出版局 ]
手袋は革をはめていることが多く、編みものの本で、過去にマフラーや手袋に特化した本を買っていたり、編みものって本にはいろんなアイテムがまんべんなく載っているので、帽子だけっていうのもよかったのです。

子どもの帽子も2点載っています。
大人のは24点。

大人といってもお嬢さん、お姉さんの若さなら、どんな色でもどんな形でも似合うんでしょうけど、私ぐらいの年になるとけっこう形も色も選ぶのがむずかしい気がします。
無難な色と思ってベージュなど選ぶとさらに年齢が上に見えちゃいそうで、意外とむずかしいような気がします。
自分に合った色を探さないといけないですね。

こういう冬物の本は、春になると手放す人も多いのか、やはり時期ではないから需要が減るのか、中古で売られる本が増えていたりします。
ベーシックなデザインが多い本ですし、ある意味、秋に買うより、買い時かもしれません。

また3月になりました。
私も手放して寄付に回す本、そろそろまとめないといけません。(
関連記事

テーマ : 編み物 - ジャンル : 趣味・実用

 |  編み物の本  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/843-3b41ecdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
free counters