fc2ブログ

All archives    Admin

03月≪ 2024年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2009'10.11 (Sun)

袖つけの山布

スタイルブックが発売されましたので
それにちなんで?
また総裏のテーラードジャケットからの話。

ジャケットの袖などのセットインスリーブの袖山の部分には
「袖山布」というものを入れると
いせが落ち着いてきれいな袖つけになります。

また袖ぐりの縫い代があたって表にひびく、つまり、
あたりが出る、こともないので
ジャケットやコートなどではつけることが多いです。

山布と呼んだりすることもありますし、
裄綿(ゆきわた)といったり、たれ綿(たれわた)といったり、
袖山綿、ワッチンと呼ぶこともあるようです。

山布

【More・・・】

素材としては婦人物の場合、
共布のバイヤスを使うことや、
毛芯を使ったり、
市販の形にカットされたドミット芯を使うこともあります。

市販のもので、すでに曲がった形に裁断されて売られているものもあれば、

まっすぐで寸法に切られているもの、

1mくらいのテープ状のものもあります。

ドミット芯のかたさもいろいろあったり、
ドミット芯だけのもの
メッシュのついたもの、
しっかり形を保つために毛芯がついているものと
いろいろあるようです。



生地によってはバイヤスの共布では
山布の端が袖に当たって
ここに袖山布がありますよ、という
(袖の縫い代のあたりとは別の)
「あたり」が出てしまいます。

そのようなときにはドミット芯などを使うと
あたりが出なくていいです。

それではあまりふっくらしすぎ、という場合は
見える場所でもないので適当な布、
薄くてはりのあるものなどをバイアスに切って使うことも可能です。

バイアス布はアイロンで少しくせを取って
カーブさせたものを角を丸くして付けるとよいです。
(一番上の写真)


時にはバイヤスに裁断できるほど布が残らないときもあり、
市販の裄綿は便利です。

学生たちに教えるのには
ひとまず縫いやすいウールで作るように指導していたこともあり、
共布のバイヤスでよいことが多く、
それではちょっとというときにドミット芯を進めたりしてたように思います。

表地、袖のシルエットなどに応じて選びます。


パッチワークやキルトで使われるドミット芯でも
厚さやかたさにもよりますが、
手持ちであれば、使えるものがあります。

ほんのわずかあればよいので、
切れ端が残っていたら捨てずにそんなときに使うこともできます。

同じパッチワーク用でもキルト芯はちょっと…。

あれは平らになっている綿(わた)ですから。

ドミット芯とは違います。




近頃、裄綿は新しいものとか出てるのかな?
といろいろ検索してみました。

昔とあまりかわってはいない気がします。




つけ方ですが、
デザインや素材などによりますが、
3~4cm幅で25~30cmに切ったバイアスの布を用意します。

長さの半分より1~2cmほどずらした部分が
肩線の先のショルダーポイントにくるようにします。

長いほうを後ろに短いほうを前にするのが一般的だと思いますし、
だいたいどの本でもそう書いてありますが、
ネットで逆(?)のを見たことがあります。

ちょっと気になりましたが、
そうする何か理由があるのでしょう。

普通は後ろを長くすることで
背幅あたりにいせの丸みが出て
きれいな袖つけになります。

裄綿

結局、今回は
メッシュのついたドミットテープを使うことにしました。

このようにピン(待ち針)を打ってからつけるわけですが、
ここで、もしくは
この後の袖ぐりのまつりのとき、
袖の中にピンを落としてしまうこともあります。

そうなると袖付けが終わったあとに
袖口あたりにピンが入っていたりすることもありうるわけで
危険です。

だからこそ、
アイロンのところでも書きましたように
針刺しの針の数は
終わったらきちんと数えておく必要があります。


袖山布についてはいろいろ記述がありますが、
こちら、コートの本にわりと詳しく載っています。

基本的にはジャケットと変わりないのですが、
わかりやすく書かれていると思います。
文化ファッション大系服飾造形講座 5 改訂版文化ファッション大系服飾造形講座 5 改訂版
(2009/10)
文化服装学院

商品詳細を見る



こちらのブログ、
更新をしない日はもったいないかあさんのほうを書いていたりすることもあるので
そちらもご覧になっていただけたらうれしいです。
関連記事

テーマ : ソーイング - ジャンル : 趣味・実用

10:50  |  Sewing 洋裁  |  TB(1)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

おはようございます。
始めまして、みるきぃねこお申します。
服つくり大好きです。
ジャケットを久しぶりに作ろうかと思いたちました。
裄綿を使ってのジャケットつくりは
大変久しぶりで、細かな事は忘れているかなと思い、ネットで探していて、お邪魔しました。
共布派だったので、いろんなタイプの物があり
便利ですので一度使ってみますね。
とても、参考になりました。
またゆっくりお邪魔させてくださいね。
ありがとうございました。
みるきぃねこ | 2011年04月10日(日) 08:59 | URL | コメント編集

みるきぃねこさん♪

コメントありがとうございます。

本業は洋裁なのに刺しゅうの記事以外はあまりコメントが付かないので、かなりうれしいです。

学生に教えていたときは、共布にしやすい生地を使って縫っていたことが多かったので共布のやり方を教えることが多かったように記憶しています。生地によっては、また、あまり布がないとき、ふっくらさせたいときには裄綿は便利ですよ。

これからもよろしくお願いします。
もったいないかあさん | 2011年04月10日(日) 09:25 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mottainaimama.blog96.fc2.com/tb.php/894-6b4b8127
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

ミセスJK:続・手作業

袖山んとこ肩パッドはナシで山布をしつけ糸一本取りで本返しで縫いとめて… 袖ぐりは身頃と袖とそれぞれの裏地を半返しで同じく縫いとめて… ほんでその辺はちょっと置いといて、今日はボタンホール(穴かがり)をつくってました。 ・・・って、「わかんねぇよ!」という...
2012/03/15(木) 01:30:04 | オンガクスブログ ~神戸の服飾レーベル ongakus~

▲PageTop

 | HOME |