All archives    Admin

02月≪ 2017年03月 ≫03月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017'03.10 (Fri)

愛菜果

昨日、りんごジャムの記事を書きましたが、思い出したことを。

りんごは12月に野菜室に保存します。
りんごはエチレンガスを出すので他の野菜が傷むといいますが、品種で差があって、フジはそれほど出さないと聞いたことがあります。

まあ、それでもひとまずエチレンガスを吸収するということで、この袋に入れてから入れられるだけ野菜室にりんごを入れてます。

この袋、最初に買ったのは30年近く前だったでしょうか。
当時ですから、ネットでない通信販売で最初に買ってみてよかったので、それからずっとつかってます。
その頃は近所で売ってるのは見かけたことなくて、親や友人にいいよ~ってあげて喜ばれてました。

りんごのジャムの記事を書いていて思いだしました。

料理好きの友人にあげたら、たいそう喜んでくれて、友人もお母さんにあげたんだそうです。
そしたら、そのお母さんも気に入ってくれたんだけど、まだ、なかなかそこら辺で売ってなかった時代だったので、破れた袋をミシンで縫って使った、と、あとから聞きました。
ポリエチレンの袋をミシンで縫ってまでまだ使うっていうのはよほど気に入ってくれたんでしょうね。

ま、そんな実力があったわけですが、いまは、冷蔵庫自体が野菜を長持ちさせる機能があったりしますね。

使われているのは栃木県産の大谷石を粉砕して練り込んだポリエチレンフィルムだそうです。
大谷石の洞窟の中に青果物を保存しておくと、鮮度が長持ちするということが地元では古くから知られていたそうなのです。

それを通販雑誌で知っていいなあと思って買ってみたのがはじまりです。
その後も私は生協さんなどで買って使い続けてます。

昔はロングサイズのはなかったんですけど、いつ頃からか大根やセロリも入っちゃうのが出ました。
セロリはスープなどでよく使うため、野菜室に常備されてることが多いので、ロングサイズも便利です。

野菜や果物をだめにしてしまうのはもったいないですからね。


テーマ : 料理 - ジャンル : 趣味・実用

 |  おすすめ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'03.09 (Thu)

りんごジャム

りんごが届く12月にまとめて作る方がいいと書いてある本がありました。
でも、毎年、生で食べられるうちにできるだけそのまま食べてと思っているうちに春になってしまいます。
それでも鮮度保持袋↓に入れて冷蔵庫に入れておくと結構持つようで、最後の最後にジャムにしました。
りんごジャムとりんごの木のスタンプ

ビンは保存瓶をつかい、保存瓶用のふたをホームセンターで買ってきて使います。
ふたを新しくすれば、かなり長く使えます。
フランスのおしゃれなのを使ったこともあるけど、ふたを買いに行ったらそのお店で取り扱わなくなっていたことがありました。

おしゃれじゃないかもしれないけど、白いふたは30円くらいでわりと手に入りやすいです。

市販のジャムの瓶も、1回くらいは再利用してます。
2回目以降だとどこか歪むのか、滅菌しても空気が入るのかカビが生えたり、錆びたりすることもあるので1回にしておきます。

だいたい、びんは買ったりもらったりで増えていくので、ジャムには1回くらいの再利用がよいかなとおもってます。

できあがったら、りんごなのでりんごの木のスタンプ。
このスタンプセット、十数年使ってます。

テーマ : 手作りお菓子 - ジャンル : 趣味・実用

 |  お菓子  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'03.08 (Wed)

ステッチイデーVOL.25 レッスンページは

ステッチイデーVOL.25の表紙が見られるようになりました。
春らしい、すてきなお花のデザインですね。

紀伊國屋書店→ステッチイデー 〈vol.25〉

楽天ブックス→ステッチイデー VOL.25

表紙を拡大していただくと、内容について載っているので、お気づきになった方もいらっしゃるかと思います。

レッスンページを4ページ担当しており、その撮影は少し前のインスタグラムで紹介されていたとおりです。

4ページといっても作品に1ページ使うので、3ページで説明しないといけません。
ほかにも違う刺し方の見本を作って写真を撮ったのですけど、全部は載せられなかったそうです。

誌面が限られるといっぱい紹介したくても削らないといけません。
それにどんな人に読んでもらうかで、その方たちに合わせた内容でわかりやすく書かなくてはいけません。
これも入れたい、ということも、載せない方が混乱せずにわかりやすいし、それでも間違いではないということがあります。

そのへんのさじ加減というか、だんだんわかってきた気がします。

いつもに比べても写真が多い印象かもしれません。
かなり詳しく、たぶんひとりでやっていたら誰かに聞きたくなるようなところで針を止めて写真を撮ってもらってます。
実際に刺し始めて不安になったとき、きっと役に立つページになったと思います。


今週も、ずっと先の2冊のを、盛り込みすぎず、足りなすぎず、合理的に、わかりやすく、と、執筆中。
久しぶりにペンだこできそうです。

楽天ブックス↓



テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'03.07 (Tue)

ハッカ油のビンを割ってしまった・・・

花粉の時期と蚊の飛んでる時期、こちらを使っておりました。

鼻づまりにも何となくスーッとするし、玄関にシュッとしておいて蚊よけにも。
蚊よけに関しては、効き目はあるのかわからないけど蚊はミントの香りがきらいらしいから、多少は効いていたかもしれません。

ガラスビンでしたので、玄関で落としたときに割ってしまいました。
夏の間は玄関でよく使うから置いておいたのです。

去年、まだ暑い時期、エレベーターに中学生の男の子と一緒に載ったんですけど、後ろから蚊がついて入ってきました。
蚊が大嫌いな私は(シマカの場合刺されると腫れあがるので)えっと思って後ずさりしました。
(そこで、蚊だよ~とか、振り払ったりしたら、へんなおばさんだと思われるだけです)

その子が2階か3階かですぐ降りていったんですへど、蚊もさーっとついて降りていったのを目撃しました。
長いズボンをはいていて、ひざの後ろあたりをプーンと。

蚊は上の階には来ないっていうけど、それは飛んでは上がってこないというだけで、エレベーターをつかって上がってくるのをたしかに目撃したのです。

だから、ある曜日だけ蚊が我が家に出没するのは、ドライアイスを詰めた生協さん箱と共に来るからかも?と考えて、玄関にミントをシュシュッとするようになりました。

どこかで野菜と一緒に売ってたとかで、買ってきてもらったもので、もう買えないかとがっかりしておりましたら、こちらを見つけました。
まだ、花粉真っ盛りですからね。
 |  おすすめ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'03.06 (Mon)

ステッチイデーVOL.25予約&続・白い糸の黄変

ステッチイデーの発売まであと1ヶ月ほど。
もう予約できるんですね。

紀伊國屋書店→ステッチイデー 〈vol.25〉

楽天ブックス→ステッチイデー VOL.25

今回もまた、3ページに入れられるだけ、できるだけくわしく書いてます。
何のレッスンかは少し前のインスタグラムに写ってましたので、気づいた方もいらっしゃるかと。

私の作品が表紙のVOL.24の壁紙がダウンロードできるのもあと1ヶ月ということです。
まだの方はお早めに。
秋の花だけど、ソーイングケースなので1年中使えるデザインになってますから、壁紙としても1年中使えてもよいかもしれませんね。

さて・・・

・・・たまたまたくさん持っていたのが白で、その中で変色してしまっているのをもったいないから使っています。・・・
白い糸の黄変


白糸の黄変
右が古い方だと思います。
ちょっとECRUっぽい色に変わってしまっていたのです。

洗ってみました。
紙のラベルははずし、芯はプラスチックなのでそのまま。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  出版に関わった手芸本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'03.04 (Sat)

白い糸の黄変

かたわらに刺しゅう布と針と糸を準備して原稿を書いています。
刺したものをスケッチして図にして、と、繰り返します。
たいへんな作業だけど新しい発見もあっておもしろいです。

今度の仕事を依頼してくださった方には本当に感謝してます。

さて、そんな時使うのは太めの刺しゅう糸。
糸の様子がよく見えるからです。

たまたまたくさん持っていたのが白で、その中で変色してしまっているのをもったいないから使っています。

アトリエなどとは到底呼べない倉庫のような作業部屋には紫外線カットのフィルムを貼ってあるので、大事な本もあまり日焼けしません。
糸はさらに桐の箱などに入っているので、保管としてはとてもいい状態だと思うのですけど、白って、なかには変色するものがあるようです。

絹糸が黄変するのは前に書いたとおり。
でも、コットンパール、つまり、綿です。

何十年も刺しゅうをしておりますと、昔買った25番の白糸も変色することがあるようで、たまに、見つかります。
ひとまず、気がつくのは白だけ。

なんだか全体に薄茶というか薄ベージュというかになっています。
写真に写しても、違いはわからないほどですが、並べて肉眼で見ると、違います。
白糸の黄変
表面だけなら、売られているときなどに、誰かが触った部分が何年も経って変色したのかなとおもいます。
全体にと言うか、奥の方まで全部というのはどういうことなのかと思います。

糊が変色したのでしょうか?
洗えば落ちるのかな?

ひとまず、こうやって原稿のために刺すということは作品ではないですから、変色は関係ないので、どんどん有効利用しようと思います。

テーマ : 刺しゅう - ジャンル : 趣味・実用

 |  刺しゅうの材料  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | HOME |  NEXT
free counters